POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

単価アップに向けてサロンマジックを使ってみた!

前回に続いて、、、弊社の理美容室専用POSシステム『サロンマジック』の活用事例!

的な投稿になります。

 

先日、ある場所で「アナタが仕事をしていてウレシイと思うのはどういう時ですか?」という質問をされたんですけどね。。。

その時、真っ先に私のアタマに浮かんだのが今回のお話しだったりします。

 

「POSシステムをお店の取組に有効的に活かせていただけている現場に遭遇した時」というのが、私にとっての“ウレシイ時”だったりするんですが、その場面に自分が何らかの関わりを持たせてもらえたりしていると、もう「こりゃ堪らんのう!^^」という気分なんですよね。

 

今回のサロンさんのお話。流れの概要を申し上げると。。。。

①年末にご挨拶に訪問。「システム使えてますか?」→「あんまり使えてないんだよね~」というやり取りから

②「活用提案やらせてもらってもいいですか?」→「おっ、そういうの大好き。ぜひやってよ!」という話に。

③年が明けて勉強会実施。これが2月8日の金曜日でした。

④翌週、2月12日の火曜日に、たまたまそのサロンさんの近くに行く予定があったので「今から行っていい?」と電話して、お店に寄ってみると、勉強会の日に決めたことが既に実際の取組としてスタートしていた!

という感じです。

単価アップに向けてサロンマジックを使ってみた!

最近、私のPOS活用勉強会は、「今、お店で何しようとしてるんですか?」をお聞きすることからスタートします。

以前は「一緒に問題点を探しましょう!」と、POSシステム屋=分析が得意じゃないと!的な思い込みで、お話を進めていたのですが、、、

たいていの場合、お店の皆さんが既に感じている課題や可能性があって、それについての取組も「この春は〇〇をしよう!」ということが決まっているはずなんですよね。

そこに、突発的に(いい気になった^-^;)営業マンが割り込んできて、あれやこれや言うのって、良い時ばかりじゃないんじゃないか???

そんな思いが重なっていくうちに、「あくまでお店主導であるべき」というスタンスが強くなって、「今、何したいんですか?」をお聞きするのが基本パターンになってきたんです。

 

2月8日にオーナーがおっしゃったのは「やっぱり単価が気になってるんですよね」というお話。

さらに、「炭酸ヘッドスパのお客さんを増やすことができそうな気がしてDMを出そうと思ってる」という話まで決まっていることもわかりました。

 

「あなたは、その取組を効果的&効率的に進めるための道具なのよ^^」

役割を果たすべき内容を決めてあげると『サロンマジック』さんのヤル気もアップします(^^♪

 

具体的には、DMを出す(=積極的に「炭酸ヘッドスパ」を提案する)相手として

・30歳以上の女性のお客様

・かつ、過去1年間にお店でトリートメントをしているお客様

という条件が見えてきました。

 

この絞り込みをカンタンにできること

「ちょっと違うな」と思ったら条件を変えて別の絞り込みができること

さらには「これだ!」と思った人たちへのハガキ印刷がボタン一つでできること

 

イッツ ア 効果的&効率的な道具としてのPOSシステム ですよね。

 

最新型のシステムの場合は、ハガキ印刷やメール送信に加えて、専用アプリでのプッシュ通知メッセージの配信なんてこともできたりするんです。

 

なにはともあれ、、、「今、これをやりたい」を実行するための道具として、POSシステムを使っていただけるお店をもっともっと増やしていきたいです!

「うちはこういうこと考えてるんだけど」というオーナーさん、いらっしゃったら、どうぞオサカダまでご連絡くださいね。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です