POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

台風迫る夜の☆決死の☆POS活用勉強会(^-^)

ゆうべは、弊社エクシードシステムの理美容室専用POSシステム『サロンマジック』を

一年前に導入していただいたサロンさんでの活用勉強会でした!

 

鳥取市内の美容室のオーナーから

「そろそろお願いできますか?」と声を挙げていただいて

実現した昨夜の訪問です。

 

大型台風の直撃を若干、気にしつつ、台風と同じく北へ進路をとって移動していると

スマホにオーナーからメッセージが入りました。

台風迫る夜の☆決死の☆POS活用勉強会(^ ^)

このお心遣い!(^^♪

いや、単純な話、やっぱり、どう言ったってウレシイですよね。

職業柄と言ってもいいのかもしれませんが、ボクがお付き合いさせていただいているお店の皆さん。

出入業者に対しても優しい方がホント多いんです。

(みなさま、いつも本当にありがとうございます。)

 

勉強会は こんな感じに進みました。

オサカダ曰く。

「これからやっていこうと思っていることってありますか?秋に向けてというか9月にというか…企んでることがあれば教えてほしいんですよね」

オーナー曰く。

「単価が気になってるんですよね。値段自体を見直すってことじゃなくて、施術内容を変えていただいたり、オプションメニューを追加したり、そういう方法で単価を上げていきたいと思ってるんです。」

 

じゃあ、そのためのPOS活用法を考えましょう!

という切口で講習はスタートしました。

一緒にやった作業はこんな感じ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

①デシル分析(が分からない方は今日は置いていきます。ごめんなさい。m(__)m)で売上レベルで区分した客層毎の個人売上=客単価×来店回数の数値を見ながら「単価アップにつながる提案をしたい客層って、どのへんの人たち?」ということを相談。

②「上位客でもトリートメントしてない人、結構、いますね」という話になったので、上位20%の顧客リストを抽出。

③リストを見ているうちにオーナーから「男性も結構いますね。男性を外すコトってできますよね?」

女性客だけにした後、「この中(つまり売上上位2割の中の女性客)でトリートメントしたことない人って、何人くらいいると思います?」と言って、a)トリートメントしたことある人/b)トリートメントしたことない人 それぞれのリストを抽出。

④ここでオーナーさんから衝撃の発言!

「なんかトリートメントじゃない気がしてきた(‘ω’)」

えーーーーーっ、ここまで話進めて来たのに、いまさら何を???

というのは全くのウソで、ぜんぜんノープロブレムです(^^♪

 

「なにをしたいの?」と問うと。。。

「トリートメントって、やっぱり効果が続かないじゃないですか。やっぱりキチンと髪質改善のメニュー提案をするべきだと思うんですよね…」

台風迫る夜の☆決死の☆POS活用勉強会(^ ^)

 

ここから、私オサカダの「美容師さんにぜひ取り組んでもらいたいPOS活用法」の話になるのですが

 

対象者リストを見ているうちに

「オレは(ワタシは)この人たちに〇〇をオススメしたい!」っていう気持ちが出てくること。

これ自体が、何より大事なことだと思うんです。

これこそが美容師さんが好きなことであり得意なこと。というか美容師の仕事そのもの。

あっ、一応言っときますけど、理容師さんだってトリマーさんだってネイリストさんだって、一緒ですよ。

 

昨日の勉強会ですが、最終的には・・・

明日から9月末までに来てくれそうなお客様を抽出して、その中の「髪質改善の提案をしたい人・すべき人」に赤ボールペンで〇をつける。

という「なんじゃそりゃ?」レベルの単純なアウトプットになりました。(^-^)

 

赤マルの付いた18人のお客様。このうち何人が「うん、それお願いします!」って言って下さるか?

台風迫る夜の☆決死の☆POS活用勉強会(^ ^)

 

客単価アップの取組というよりも、オーナーの「この人たちに自分の本気をぶつけたい作戦」とでも言いたくなるような取組。

だけど、単純だけど、必要なことは こういうことなんじゃないか!

台風が近づいて荒れ模様の空の下、そんなことをあらためて考える夜でした。

台風迫る夜の☆決死の☆POS活用勉強会(^ ^)

 

 

POSシステムにできることなんて、、、、

紙カルテだと数時間(で済まないかも)かかってしまう顧客リストの整理が

伝票整理だと数時間(これはできそう)かかってしまう取組成果の集計や前年比調べが

ボタンひとつポン!と押すだけでホント数秒で出来てしまうコト

言ってしまえば、これだけの話なんですよね。

 

だけど、だけど、だけど、、、

本気で「〇〇をやりたい!」と思った時に、その対象者リストを

次から次に一瞬で出せちゃうコトって

本当はものすごい価値があるようにも思えます。

 

「ウチの店でもやってみたい!」と思われる方。

いらっしゃいましたら、どうぞ、手を挙げてくださいね(^-^)

ご連絡お待ちしてます!

 


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です