POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

POSシステム=やる気の出口を作るための道具。

ありがたいことに、割としっかり、刺激の多い毎日を送らせていただいております。

 

放っておくとすぐに間が空いてしまうコトを悪びれもせず、、、

近況報告&決意表明。的なことを書こうと思います。

 

鳥取で地元で人気の美味しいカレー屋に連れて行ってもらって

POSシステム=やる気の出口を作るための道具。

余裕をもって選んだはずの「辛さレベル3」(MAX10まである!)の「ニンニクの芽カレー」を

涙&鼻水でグシャグシャになりながら平らげたり。。。

 

「せっかくだから寄っていきます?」と誘われて

POSシステム=やる気の出口を作るための道具。

砂丘で“仕事中の営業マンとは思えぬ”ストレス0なシマリノナイ表情を浮かべてみたり。。。

 

深夜、土砂降りの山道を「うわぁ道がぜんぜん見えん」と恐れオノノキながら爆走中に

突如あらわれたシカに肝を冷やしたり。。。(写真ありません)

 

まあ お陰様で 毎日いろんなことがあります。

 

今日、参加させていただいた北原さんのセミナーも、本当に勉強になりました。

昨日は鳥取で、はじめて出会うオーナーさんと いろいろお話させていただきました。

(いわゆる「新規営業」というヤツですね!)

営業の仕事をしている方には通じる話だと思うのですが

お話させていただく相手(ボクの場合はサロンのオーナーさん)の

 

本気さが伝わってきたり

正直なお人柄が伝わってきたり

尊敬に値する仕事ぶりや姿勢が見えたり(←スンマセン。なんかエラそうですね)

 

そんな時は、こちらの真剣さもふだんの1.5倍くらいになって

「ウザいコイツって思われたらどうしよう?」という

ふだん心の片隅に持ってるはずの防波堤を吹き飛ばすイキオイで

「こんなふうにウチのシステムを使っていただきたいんです!」という想いを

熱く熱く訴えかける「鬱陶しさ満点野郎」になってしまいます。

 

昨日の商談もそうでした。

デジタル<アナログ だったり

POSシステム=サロンの皆様のヤル気の出口(=行動)を作るための道具 だったり

行動を起こすために必要なのは課題の細分化→具体化 だったり

どれもこれも当たり前なことばかりですが

だけど それでも

実際に成果を挙げていただくためには この気持ちに共感したいただくことが大切なんだよな。

と それはそれは 熱っぽく 訴えかけてしまっている私でした。

 

この画像は、昨日の商談の最後に見ていただいた私の営業資料です。

POSシステム=やる気の出口を作るための道具。

「今 誰に何をするのがベストか?」

これを カンタンに(数秒で)ボタンひとつでポン!と見つけ出せるのが

私の仕事の相棒『サロンマジック』と『トリミングマジック』です。

 

POSシステム=やる気の出口を作るための道具。

「今週来そうな人」「今週来そうなVIPさん」「来月来店見込みの人」etc,eto…

 

お店に起きている問題点の解決策のほとんどは、

このボタンを押して出てくるお客様リストの中に

“やるべきこと”のヒントが埋まっているはずです。

 

「今シーズンは絶対に3割打つぞ!」って本気で思っているプロ野球選手だって

土砂降りで試合が中止になった夜、考えているのは

「明日の先発ピッチャーの〇〇をどうやって打つか?」ってコトだと思うんですよね。

 

僕もがんばります。(^^♪

 


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です