POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

POS導入の成功事例的なお話 後編

また3日、間が空いてしまいました。

じつは日曜月曜の二日間で、エクシードシステム社員(ほぼ)全員で

岡山から道後(愛媛県)まで 社員旅行に行かせていただいておりました。

POS導入の成功事例的なお話 後編POS導入の成功事例的なお話 後編

POS導入の成功事例的なお話 後編POS導入の成功事例的なお話 後編

東洋のマチュピチュだったり、しまなみ海道だったり、尾道のロープウェイだったり

(すみません。。。写真、ほとんど撮れていませんでした。。。)

宴会→カラオケ→一室に皆で集まってのセネガル戦 という怒涛の夜まで含めて

まあホント楽しい二日間でした!(^^♪

 

フト思いましたが、東洋のナントカ!っていう呼称は、あんまりよくないかもしれませんね。

なんか、そう呼ばれた瞬間にアヤシサと薄ら寂しさが一瞬で高まってしまうような。。。

日本のエジソンだったり 和製ミックジャガーだったり。。。

南米ペルーのマチュピチュに行ったことはありませんが

東洋のマチュピチュこと別子鉱山の跡地『マイントピア別子』は、期待以上にオモシロイ場所でしたよ。

(歩き回って汗だくになったおかげで、その後の温泉も楽しめましたし!)

 

えーーっ、というわけで。

 

前回ブログの続きです。

POS導入の成功事例的なお話 前編

 

アラフィフの男性オーナーが一人でやってるバーバーさん(散髪屋さん)

 

「自分の店に合うお客さんを選べる店にしていかないとダメだ!」って決心して

もともと予約のお客さんなんて少なかったお店だったのに

今では次回予約率が過半数を超える状況に たった5年で・・・

というお店で実現している予約システム(というか状況)が

「お客さんの友達グループで予約押さえてもらっとるケースもあるんよ。」

「そうしといたら、そのグループの誰かが来れるからね!」

というもの。

正直、はじめて聞くパターンの予約システムでした。

 

「この前、面白かったんだけど」という前振りから始まった話が またすごくて・・・

 

↑ここまでが前回ブログで書いた内容です。

さて続けますね。

 

「その日、どうしても仲間ウチで来られる人がおらんかったらしくてなぁ。」

「そうしたらその時間に、見たことない若いお兄ちゃんが来たんよ。」

「〇〇の息子です!って言って。」

 

スゴイと思いません?

数人のグループで予約を取っておいて、誰か都合つく人が行く!っていう方法で回してたら

たまたま誰も都合がつかない日ができてしまった。

店に迷惑かけたらいけないから 誰かの息子に行かせる!

 

スゴイと思いません?

単純な一つのエピソードですが、

お店とお客様との信頼関係

理想の関係がココにある!

そんな感じがしませんか?

 

どうすればお客さんとそんな関係が作れるんですか?

さっきまでふざけた話ばっかりしてたはずなのに

一転して真面目に質問してしまいました。

 

お客さんの来店サイクルをしっかり把握して(来るタイミングを予測して)

その人のことを気にし続けることじゃないか!

 

オーナーの話をまとめるとそういうことだったように思います。

 

POS導入の成功事例的なお話 後編

写真は (ブログ掲載のお許しをいただいた)オーナー手書きの2冊のノートです。

今年の予約表と去年の予約表。

「去年のいつ?誰が来たかな?っていうのと 今年の予約状況を見比べていくだけなんじゃけどな。」

「これ見とったら、いろんなこと思いつくからな。」

 

もちろんサロンマジックでも予約管理の確認はできます。

ですが、これがこちらのオーナーさんの「オレ流」の「お客様のコトを考えるためのシステム(の一端)」なのであれば、これはこれで全然アリですよね。

 

「これ見て、思ったことがあったら、サロンマジックで調べるんよ。そうしたら何でもすぐにわかるんじゃから。こんな便利な機械はないんよ。ホンマ。」

 

最後に、こちらのオーナーさんが意思を決めて実践して来られた「特に平日の次回予約客を増やすための取組」をご紹介します。

①サロンマジックでお客さん一人一人の来店サイクルを把握して、その日数を意識した提案(次回は〇月〇日頃に来るといいよ。そうしたら〇〇〇な感じでいられるから…)を徹底する。

※カット席とレジカウンター。2か所にカレンダーが置いてあります。

 

②DMは出さない。敢えて出さない。(オレがDMキライだから^-^;)

 

③土日の予約は「敢えていっぱいにしない。1,2名分は空けておく。」

なぜなら新規客さんの問い合わせは9割が土日だから。

 

④新規で来たお客様に①の対応を続けながら「水曜日で良かったらまだ空いとるよ」というトークで平日の次回予約を増やしていく!

という流れ。

 

全体通して、感じたのは

自分がどう思ってるか?をしっかりお客さんに伝えることが重要

もちろん、それと並行して相手がどう思ってるか?を知ることはもっと重要

ということでしょうか。

遠慮しあってたら、信頼関係はつかめませんもんね。

 

僕らの仕事もおんなじだ!と思ったところで、今日はこれから兵庫県の方に行ってまいります(^.^)


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です