POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

POS導入の成功事例的なお話 前編

全開に続いて、今週の業務報告的な。そんな投稿です!

 

私、オサカダの普段の“仕事の段取り”は、こんな感じなんです。

 

①どこか一軒のお客さんとアポを取る。

「未来のお客様」への新規営業の話だったり、「既存のお客様」に対する活用アドバイスの話だったり

いろんなパターンがあります。

良い話だったり、良くない(申し訳ない的な)話だったりも、いろんな話で

美容室や理容室やペットサロンやネイルサロン

はたまた全然、他の業種の会社の方と

「かくかくしかじかな…お話をしましょうよ!」とアポイントを取って毎日の仕事が進んでいきます。

 

んでもって、せっかくそこまで行くのなら!ということで

②その近くの方に会いにに行く!

“仕事の段取り”なんていうのが恥ずかしくなるような 場当たり感☆満点 な感じですが、、、

だけどまあ、御用がある時には(良い話につけ、良くない話につけ)

「近いうちに来なさい!」となるのが営業マンの仕事なわけですから、

基本的には この①⇒②という概念がベースになってくるのではないかな!と思っています。

 

(違ってませんよね???もしぜんぜん勘違いしてるようでしたら、こっそり指摘していただける助かります)^-^;)

 

という前振りから、今週、訪問してきた某県某市のサロンさんとのお話です。

 

POS導入の成功事例的なお話 前編

ピントが合ってくて申し訳ないです。

「美男美女が育てた娘は、そりゃそうなるよね!」なステキなご家族で経営されているOさんのお店。

 

ご夫婦でされていたお店に、去年からお嬢さんが加わって。。。

 

私はPOSシステム屋ですので、やっぱり「お店の数字」が気になって、データを見させていただくのですが、写真の表情からもわかると思うのですが、非常に良い感じで。。。

ちょっとだけ 差しさわりのない範囲で 説明させていただくと

あるメニュー(A)の提案がVIP層にうまくハマって

来店単価&来店サイクル&リピート率(要するに全て)が

プラスの方向に推移している!

という まさにPOSシステム屋冥利に尽きる!そんな状況をデータで確認することができました。

 

「メニュー(A)の人にもっとウチの価値をわかっていただくには何をすれば良いのか?」

「今人気の&自分たちも自信を持てるメニュー(A)をもっと多くの人に体験してもらうには、どうすれば良いのか?」

今から、やるべきことについても私がアドバイスするまでもなく、「当たり前でしょ!」な感じになっていて、

結構、久しぶりの訪問ではあったのですが、ホント、(もう一回言いますね!)POSシステム屋冥利に尽きる!そんな訪問となりました。

 

その後、ちょっと時間が空いたので、近くのお店のオーナー☆ナルさんに電話してみました。

「40分後くらいなら時間あるよ」って言ってくださったので

速攻で昼メシ(この日は「唐揚げ定食」)喰って・・・

 

こちらも 数か月ぶりになる訪問をしてきました。

※一応、言っておきますが、インストラクター社員の訪問は間にありましたよ。

 

POS導入の成功事例的なお話 前編

アラウンド半世紀!な男性オーナーが一人でされている散髪屋さん。

ものすごく刺激になる!お話を聞かせていただいたので

「ブログに書きたいから写真撮らせてくださいよ”」とお願いした写真がコチラです。

 

「サロンマジック導入した頃って、ホンマ苦しい状況だったんよ!」

とおっしゃるオーナーさんのお話。

ホント、刺激になる&勇気が出るお話でした。

 

だってアラフォーの男性一人でやってるお店ですよ。

そのオーナーが

「自分の店に合うお客さんを選べる店にしていかないとダメだ!」って決心して

もともと予約のお客さんなんて少なかったお店だったのに

今では次回予約率が過半数を超える状況に たった5年で・・・

 

すごいなと思ったのが

「お客さんの友達グループで予約押さえてもらっとるケースもあるんよ。」

「そうしといたら、そのグループの誰かが来れるからね!」

 

正直、はじめて聞くパターンの予約システムです。

 

「この前、面白かったんだけど」という前振りから始まった話が またすごくて・・・

 

すみません。ちょっと長くなってしまってるので、久々に「次回送り」にさせてください!

 

だけど、

おじさん(失礼!^^)が一人でやってるお店で

こんな状況を作れるんだったら

(もちろん僕自身の仕事も含めて)

たいていのことは何とかなるはずだよな!

そんなふうに思えたお話でした。

 

また続きを紹介させていただきますね。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です