POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

これでいいのだ!POS(ポス)システム活用のひとつの成功例(^^♪②

さて前回ブログの続きです。

 

今週、火曜の夜に私オサカダと一緒にお酒飲みに行ってくれた

ナルさんが教えてくれた「ウチの店はこうよ!」という取組の一部です。

 

おじさんオーナーだけど、、、
ひとりでやっているバーバーだけど
ギネス更新を狙う!

っておっしゃるオジサンが、美味そうに!ビールを飲みながら

「お客さんの誘導と教育が大事なんよな」

と語った後に、教えて出さったことです。

これでいいのだ!POS(ポス)システム活用のひとつの成功例(^^♪②

※今夜の写真はエビとイクラとビールとナルさん(^^♪

 

「誘導」と「教育」っていったいなんでしょ?

 

じつは前にも教えていただいたことあったんですけどね。。。

ブログのネタにしてやろう!と企んで、、、もう一回、聞いちゃいました(^-^;

 

 

誘導とは。。。

お客様の予約を「ウチの店にとってありがたい曜日・時間に誘導すること」

だそうです。

 

「やっぱりお客さんって、放っといたら土日に集中するんよ。」

「それから新規客の問い合わせも、やっぱり土日が多いんよ。」

「でも店はオレ一人しかいないんだから、、、」

 

、、、なんとかせんといけんよな(^-^;

 

そこでナルさんが決めた行動。それは、こういうことでした!

 

「仕事とかの都合でどうしようもない人以外は、土日の予約を断ることにしたんよ」

「土日いっぱいじゃけど、他の曜日で来れませんか?って」

 

・・・そしたら、新規の人の予約が取れるんよ!

 

勿論、これによって失客してしまった人もあるかもしれません。

だけど、トータルで考えたら客数は増えていく!

 

「ウチの店に合うお客様とお付き合いしていくしか方法はないんよな」

そう語るナルさんの表情。

写真には残っていませんが、、、ボクの心の名場面でした(^^♪

 

常連さんをコントールして、空けた土日。

そこを入口にして出会った新しいお客様を

様子を見ながらコントールして、徐々に他の曜日へ。

また空いた土日を入口にして、、、

。。。これが“誘導”ってことですね。

 

こうして書くと単純でカンタンなことかもしれません。

 

だけど、

「自分がコレって思ったことを貫いて続けていったら、成果が上がってくるもんじゃと思うよ」

という前回ブログでも紹介した言葉と合わせて聞かせていただくと

「結局、そうだよな」と激しく納得させられました。

 

さらにもう一つの教育とは。。。

これは次の予約をとって帰るのが当たり前にすること

だそうです。

 

一般的には、男性客は女性客よりも次回予約を決めて帰る人が少ない!と言われます。

 

「そう言われるのに逆らっちゃろうと思ったんよ」とモツ鍋の出来具合を確かめながら、

あの夜、イチバンのスルドイ視線を見せながら語るナルさん。

 

まず、そのお客様の来店サイクルを必ず確認して

次はいつ来てもらうのが良いかをイメージしておいて

(「サロンマジック見たら一発でわかるから便利よ~!」だそうです^^♪)

 

髪を切る席とレジ。2か所両方にカレンダーを置いて

 

その人のスタイリングのポイントなんかも楽しく説明したりしつつ

 

「毎回、次はいつにしましょうか?って話をしよったら、だんだん予約取って帰るんが当たり前になっていくんよ」

だそうです(^・^)

 

大切なのはトライし続けること。

アイデアを考え続けること。

 

そういえば「3回先の予約まで記入できるカード」っていうのを見せてもらったこともあります。

「12月の予約の話をしようと思ったら9月くらいから考えた方がええんよ。だったら9月に渡して、10月、11月、12月の予約を埋めてもらうカードが合った方がええな!思うて。」

だそうです(^・^)

 

予約表も見せてもらいました。

「8割~9割のお客さんが事前予約になっとる」んだそうです。

これでいいのだ!POS(ポス)システム活用のひとつの成功例(^^♪②

『サロンマジック』にも立派な予約管理機能があるんですよ。

だけど、ボクは今のままでイイと思います。

この手書きノートが予約でいっぱいになっていく時にナルさんが感じる達成感を思うと

これはやっぱり“必要な手間”“やるべき無駄”ですよね。(^^♪

 

やはりデジタル<アナログは大正義です。

※これじゃ手が回らん。なんとかせんと…と思った時に、初めて「コンピュータ使った方が楽になるかもしれん」っていう話になって、、、そこで使うからコンピュータは「他人の役に立つ道具」になるんですよね。

 

久々にすごく長くなりましたね。

さっきも書きましたが、こうして文章にすると「なんだそんなことか!」とカンタンに思えるような話かもしれません。だけど、それをご自身で決めて、信じて、やり続けること。これが成果につながるんだな!とあらためて感じさせていただきました。

勉強になります。(ほんとお客さんから学ぶことばかりです♪(^^♪)

 

※以前にも このお店のサイクル短縮の取組 を紹介させていただいていました。

この時は3話連続で書いた その真ん中の話です↓↓↓

平均来店サイクル61日のお店がしてる秘策とは?②


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です