POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

この写真、誰だかわかりますか?大河ドラマを観た後、考えたコト。

今日のブログで紹介している こちらの男性。
誰だか?ご存知ですか?

この写真、誰だかわかりますか?大河ドラマを観た後、考えたコト。

サッカーの本田選手に似てるこちらの偉人。
誰かと申しますと、、、
あの、、、ジョン万次郎さんなんです!

土佐の漁師だった万次郎さんが、漁の最中に遭難して、アメリカ漁船に救われて、向こうで数年、生活した後、幕末の日本に帰国して、当時としては“貴重すぎる”実体験を、土佐藩の坂本竜馬さんや薩摩藩の西郷隆盛さんに(直接じゃありませんが)伝えて、日本の近代化に多大なる貢献をした!という あの人。

結構、仕事の話で「聞いていただきたいな」と思えるネタが溜まってます。
このまま自分の書きたいペースで書いていくと、ものすごく、アツクルシイ話になっていきそうなので
少しだけ 閑話休題。

そんな理由で、今夜は 唐突に ジョン万次郎さんの話を書いてます(^^♪

週末、家族で夕食食べながら、録画しているNHK大河ドラマ『西郷どん』を観たのがキッカケです。
あと、もうひとつ言わせていただくと、過去の大河ドラマのDVDをレンタルショップで借りて、嫁さんと小6が観てたりするのですが、今ウチにあるのが『龍馬伝』だったりするんです。

ちょうど両方の話中で「万次郎さんっていう人はすごいのう」という話になっているので、興味が湧いて、最近、日本の歴史(特に幕末)への興味が著しい小6男子と、風呂に入りながら、「万次郎っていうのはどんな人間だったんだろうか?」という話をしたりもしてみました。

ネットで調べてみると……
Wikipedia「ジョン万次郎」
(ほんと今時は便利ですよね。。。)

万次郎君(当時14歳!)は一人で遭難したわけじゃないんですよね。
筆之丞さん(38歳)を船長とする5人乗りの船に最年少の炊事係りとして、乗り込んでいたようです。

先輩たちはハワイに残った時に、アメリカ捕鯨船のジョン・ハウランド船長に気に入られた万次郎君だけが、アメリカ本土に付いて行ったそうです。

ふと思って、息子と話あったのは、こういう話でした。

鎖国が続いた江戸時代。265年にも渡るこの時代に、漁の途中で遭難して、異国の人と出会った人間っていうのは、たぶん、万次郎君たちだけじゃなかったと思うんです。

なぜ万次郎君だけが、アメリカ人の漁師たちに気に入られて、彼らの世界に飛び込んで、他の当時の日本人には思いもつかないような知識を得て人生を切り開いていったのか?

もちろん一番大きいのは、本人が持ってた“運”だと思うのですが
その“運”を引き寄せたのは、素直さや勤勉さ、明るさや好奇心、そういう万次郎君の人間性
それに尽きるんじゃないだろうか。。。

21世紀に生きる僕らにとっても、おんなじことが言えるんですよね。。。
しかもチャンスや選択肢は、万次郎くんよりも 遥かに多いような気が。。。

酔っぱらって書いてます。
文章が止まらなくなりそうなので、この辺で止めておきます(^^♪

女子カーリング!銅メダル取りましたね♪おめでとうございます(^^♪

すみません。。。文章書きあげてから、もう一度チェックすると
上の写真は、ジョン万次郎さんじゃありませんでした。

「万次郎さんが撮影した江川英敏さんの写真※江戸時代の旗本」
ややこしいですね。。。失礼しました。

万次郎さんの写真はコチラです。
この写真、誰だかわかりますか?大河ドラマを観た後、考えたコト。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です