POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

二十歳の頃に読んだ本☆それを今読み返す楽しみ♪

私オサカダは、本を読むのはキライじゃないほうです。

と言っても、仕事に役立つ本を“一心不乱に読み漁る”というタイプではなくて、ただ単に“活字が嫌いじゃない”というだけなので、、、別にエラくもなんともない話なのですが、、、(^-^;

たとえば、営業の間の昼飯時。一人で飯食う時なんて、なんでも良いから、文字を読んでいたい!と思う方だったりします。

テレビよりは本の方がウレシイんです。(たぶん自分がペースを作れるからでしょうね!)

別にマンガでも雑誌でもスポーツ新聞でも何でもいいんです。

とにかく、文字が書いてあるものがあれば、それを手に取って、面白そうな話を探す!そういうところがあります。

 

実を言うと、学生時代は、そんなに本読んでいませんでした。

小学生の頃は、割と読んでいたのですが(マンガも雑誌も、あと図書館にあるような伝記とかも)

中学、高校の頃は、マンガしか読んでいませんでした。

 

それなのに、なぜ本を読むようになったのか???と言いますと、じつは明確な答えがあったりするんです。

それは。。。。

二十歳の頃に、お付き合いしていた女性。

彼女の影響。これに尽きます。

 

「本は読んだ方がいいよ」とコトある毎に、、、言っていた彼女。

「そうじゃな」とか「わかった」とか「うるせー」とか

その時々の状況に応じて、適当な答えを返していたボクに、あるタイミングで、、、それが何のタイミングだったのか正直記憶がないのですが(春先だった感じはあるので、誕生日かもしれません)、、、「これ読むといいよ」とプレゼントしてくれた本があって、、、まあ結局、その本がお面白くて、その後、ボクは本を読むのイヤじゃない人間になったわけなんです。

それは、椎名誠さんの『岳物語』という本でした。

今、ちょうど朝日新聞で、「人生の贈り物」という“著名人の半世紀的な”連載ページに椎名誠さんが登場していて、この『岳物語』の話が出てたりするので、ちょっと書きたくなって、ブログのネタにしています。(独り言レベルの記事にお付き合いさせて、申し訳ないです。)

二十歳の頃に読んだ本☆それを今読み返す楽しみ♪

そういえば、この本を初めて読んだ二十歳の頃。

「将来、自分に子供ができたら、この本もう一回読み直して、色々、あれやこれや考えてみよう」って思ってたんですよね。そんなことを思い返しながら、今日も風呂で、続岳(好評だった『岳物語』の後を受けて発刊された続編。小学校高学年になって、だんだんギクシャクし始める椎名さん親子の話)をひとり読みました。

僕ら親子の今とおんなじ。たぶんドコの家の父と息子でも普通にあるリアルな話が書かれています。

二十歳の頃に読んだ本☆それを今読み返す楽しみ♪

「こんな本、今すぐ全国から無くしてくれ」という岳少年の気持ちも ものすごく共感できますよね。。。(^-^;


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です