POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

サンドイッチマン先生から学ぶこと。(マジメな話です^^♪)

ゆうべ、インスタグラムでも投稿したのですが。

NHKの『マンザイ先生』という番組。すごく面白かったんです。オススメです。

 

局の番組紹介を見ると

前代未聞の漫才師が講師するビジネス指南番組。今回はサンドウィッチマン!テーマは「ビジネス基礎切り口講座」漫才でいう「つかみ」をビジネスに生かす秘術教えます!

ですって(^^♪

 

サンドイッチマン先生から学ぶこと。(マジメな話です^^♪)

ざっくりいうと、ポテトチップスでおなじみの株式会社カルビーの営業、マーケティング担当の社員さん達が生徒になって、漫才師サンドイッチマンのお二人から、プレゼン・商談をレベルアップさせるコツを学ぶ!という内容なのですが、、、

まず最初に、カルビーの中堅の営業マンさんがお客さま相手に「新商品のお菓子を取り扱ってください!」とプレゼンしている実際の営業シーンを撮影し、それを文字起こしして、トークの流れを確認しながら

「どこを直せばいいと思います?」っていう超リアルで具体的な展開だったんです。

 

この営業マンさんのトークは、「一番伝えたいことであるはずの新商品の説明」が、全30分のうちの最後の5分しか出てこないことを指摘されたんですが……

「一番、言いたいことに、いかにスムーズにつなげるか?

    これ漫才でもすごくアタマ使う部分なんですよ」

という話から

今度は、サンドイッチマン先生が自分たちの漫才について

無駄な説明をどうやって減らすか?

自分たちの勝負ネタ(キーワード)をどう使うか?

ということを、漫才のネタ(シナリオ)を指し示しながら

工夫ポイントを具体的に解説していく!という展開に!

サンドイッチマン先生から学ぶこと。(マジメな話です^^♪)

※「ちょっと何言ってるか分かんない」←最高ですよね!

 

さらに、自分のキャラクターをどう活かすか?という話もありました。

例えば、M1で優勝した時のネタの中に「焼きたてのメロンパンが売り切れるだろ」というセリフがあるのですが、これがクリームパンなのかあんパンなのか揚げたてのカレーパンなのか、、、数か月にわたって考え続けたそうです。

「あの当時、オレ(伊達さん)はコワモテキャラを狙ってたから、そのギャップを考えたら、メロンパンになった」んだそうです。

 

M1グランプリも、R1も、The MANZAIも、見る側は何も考えず、「バカなことやってんな!」という気持ちで観ているわけだけど(それで何の問題もないわけですし)

実際、あのステージ立ってる人たちっていうのは、

僕ら(営業マンや美容師やトリマーやネイリスト)と同じように

いやそれより遥かに厳しい!競争の果てに…あの場に立っているわけで……

 

気が付くと、そういうことを考えながら、テレビに見入っていました。

 

長くなるので、次回に続きを書かせていただきますが、

結論を言うと、自分自身の営業活動を、結構かなり激しく、見直さねば!という気持ちになっています。

続きは次回、書かせていただきます。

 

「自分の仕事をもっとよくする努力」ということを常に意識していなければ!

っていうことを、漫才師の皆さんも考えて競争してるんですよね。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です