POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

ディズニーでワシも考えた。完結

前々回のブログで「他の遊園地ができていない!ディズニーランドの素晴らしい接客」について、紹介させていただきました。

ディズニーでワシも考えた。中編

ブログを書いた後、家にあった本も読んでみました。

ディズニーでワシも考えた。完結

※読みやすいし、面白かったです。

この本にも書いてあったのは、

「お客様ではなく仲間だ!と考えて、いかに楽しんでいただけるか!を考え、実行すること」

でした。

前々回ブログのおねーさんの行動で、我が家も実感して、満たされた、、、優しい気持ちになったりしたのですが、、、

 

だけど、だけど、だけど

これって、美容師さん 理容師さん トリマーさん ネイリストさんが

ある意味、当たり前のコトとして やってることだったりしませか!?

 

お客さんにもっとキレイになってもらいたい!

ワンちゃんの症状を改善して楽にしてあげたい!

ボクが一緒にお仕事させていただいている皆さんは、

特別なことでも何でもなく、当たり前のコトとして、

普段から、考えて実行されていることであるように思います。

(時に迷いながら、時に悩みながら、時に落ち込みながら、、、^.^)

 

ディズニーランドが実践しようとしているのは「美容室のようなサービスレベルなのだ!」と言えないこともなくないかい!?

ディズニーのキラキラのショーを見ながら、ボンヤリそんなことを考えていました。

(まあ、あのショーだったり、設備だったり、はどうにもマネできそうにもないレベルなのですが)

ディズニーでワシも考えた。完結ディズニーでワシも考えた。完結

 

上でご紹介した本の中で、

ショーやアトラクションの係のみならず、レストランのウェイター/ウェイトレス、掃除の係、売店の販売員もすべてキャストと呼ばれていて、お客様を楽しませるために日々働いています。

という話が出てきました。

結局大切なのは、目の前にいるゲスト(お客様)

というような話もありました。

 

理美容、トリミング、ネイル、、、つまりサロンと呼ばれるお店にも

当たり前のコトとして共通する話だと思います。

 

つまりは何が言いたいのか!と言いますと

今日来るお客様を大切にしようぜ!

ということなんですけどね。

 

客数も客単価も来店サイクルも、、、向上・改善のキモになるのは

結局、そういうことなんじゃないか!

う~ん、長々、書いたくせに、ホントありきたりな結論になってしまっていますね。

 

POSシステムは、これを効率的に実行していただくための道具であることを、ボクはしっかり意識していたいと思います。

ディズニーでワシも考えた。完結


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です