POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

12月の目標達成にむけてのPOS活用法 後編

さて、昨日の続きです。

12月の目標達成にむけてのPOS活用法 前編

目標200人に対して、見込み客数が150人にしかならない場合。

不足する人数50人をいかにしてカバーするか?

これが動員(集客)についての目標であり計画というものではないでしょうか!

→→→不足する50人を集客する方法はDMやチラシだけじゃないですよ~!

と書いて昨日は終わったのですが、、、

 

POSシステム屋としての私オサカダの提案は

来てくれるはずの人や、来てくれそうな人や、来てほしい人を

できるだけリアルに(佐藤さんと田中さんと…というレベルで!)

把握しませんか!というもの。

 

ラーメン屋さんと違って、理美容室・ペットサロン・ネイルサロンの場合

来店サイクルが把握できるお客様をお一人お一人把握でき得る!

という構造的な強みがあります。

 

そこを活かして、目標人数に到達するための作戦を考えることで

・目標達成のためにやるべきことがリアルになりますし・・・

・なにより実際に取り組む際の意欲がグッと高まるはず!

そんなふうに思うんです(^^♪

 

12月の目標達成にむけてのPOS活用法 後編

とりあえず「集客目標達成シート」の雛型を作ってみました。

(A)目標人数 と (B)見込客数を書き出します。

※見込客数はPOSシステムがあれば、「ポンと押して探す!」カンタンに抽出できるはずです。

 

(A)-(B)の不足人数。

これをいかにして埋めるのか?これが集客目標の達成のために必要なことですよね。

 

試しに数字を入れてみます。

12月の目標達成にむけてのPOS活用法 後編

スミマセン、、、数は超テキトーです(#^.^#)

200人の目標に対して、

POSシステムの来店予測機能を使って

「12/1~年内最終営業日に来てくれそうなお客様」を抽出してみると…

あらっ?50人たりない。。。(*_*;

この50人をどうやって増やせばいいの?

という状況になったとします。

 

いろいろなサロンさんを周らせていただく中で、問題に思うようになったのですが

気を付けないと…

「あと50人足りないから、チラシを撒こう!」とか

「ネット広告の良い方法がないか?広告屋に聞いてみよう!」とか

そういう動きになりやすいんです。

(私自身、この仕事を始めて当初はそういう提案をしていました…*_*;)

 

「外部的な集客手段」に頼る前に「今までお店と縁があった人」へのアプローチ!

言い換えれば

他力本願(≒お金任せ)<自助努力

こちらの方がお店のために(スタッフさんのために)なるんじゃないでしょうか。

 

上の画像の事例で言うと

(事例って言っても数字は僕が勝手に作ったヤツですけど)

①来店遅れさん

つまり今日までに来てたはずなのに「あれ?来てないなという人」

それから

②サイクルが長い人

これは「今までのサイクルだと1月になってからくることになってる人」です。

↓↓↓↓↓

①or②の対象者リストをPOSシステムで抽出して

対象者リストとして印刷して

 

ご自分の目でジーーーっと眺めて。。。

 

「誰に来てもらいたいかな~」って考えて。。。

 

勿論、リストに挙がった人全員にDMを出しても良いのですが

この「誰に来てもらいたいかな~」って考える時間。

これこそが具体的な集客アクションを考えるための大切な作業であるようにも思います。

 

いかん!また話が長くなってるので、話をまとめますね!(#^^#)

上の図で言う①②③の対象者リストを見ながら

「不足している50人をどれだけカバーできそうか?」を考えて

それでも不足する人数を補うためにチラシ等の外的(金的)手段を検討する。

一言で言えば、という話なのですが いかがでしょうか?

 

『サロンマジック』『トリミングマジック』をお使いいただいているサロンの皆様。

もしこの方法にご興味あれば いつでもお電話ください。

ご連絡お待ちしてます(^^)/

 


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です