POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

細分化&具体化の先に見えてくるものという話。前編

前回ブログで紹介させていただきました こちらの画像。

細分化&具体化の先に見えてくるものという話。前編

『サロンマジックのセールスポイント』という手書きのメモについて

ある方から「なんじゃいコレ?」とお問い合わせをいただきました。

 

たしかに説明がないと(はじめての方には)わからないですよね。。。

 

カンタンに紹介させていただきます。

 

セミナーなどで紹介されることも多い「マインドマップ」という分析手法を参考にして

私の仕事の相棒である『サロンマジック』をオススメできる理由って何だろう?

を自分なりに整理したモノです。

 

以前(1年以上前ですね)にも投稿したことがありました。

私がオススメしている「我流マインドマップ」って?

 

マインドマップというのは、、、(Wikipedia参照)

トニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。

頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。

描き方は、表現したい概念の中心となるキーワードイメージを中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを広げ、つなげていく。思考を整理し、発想を豊かにし、、、(以下省略)

だそうです。(^^♪

 

以前の記事の中では ↓↓↓の画像を使って

細分化&具体化の先に見えてくるものという話。前編

私は、次のような説明をさせていただきました。

 

「旬の魚がおいしい店」というキャッチコピーを訴求している居酒屋の大将に、「なぜそう書いてるんですか?」と質問を掘り下げていくと、

「ワシや漁師町の出身なんじゃけど、親父が魚屋しとったおかげか、漁師の友達がホンマ、いっぱいおってなぁ」

「そいつらが、毎朝、市場の帰りにウチに一番エエ魚、持ってきてくれるんよ」

「今朝、タケダが持ってきたメバルが最高なんよ」

と具体的に掘り下げれば掘り下げるほど、お客さんへの訴求力は上がってくるはず。

 

「再現性の高いヘアデザイン」も「カウンセリング重視」も、その言葉で止めてしまうと、「旬の魚がうまい店」と変わらない。。。だけど、ご自分の経験や気持ちをふまえて、提案したいお客様に照らして、整理→細分化していけば、「友人漁師タケダが今朝持ってきたメバル」のような訴求力ある価値に代わっていくはず。。。

 

さて。

というような話をサロンさんでのPOS活用勉強会の中で、いつもさせていただいている私。

 

「POSシステムの活用と全然関係ない話じゃん!」って言うツッコミは

当ブログを読んでくださっている方からは入らないと信じて話を進めますね(^-^)

(要するに、デジタル<アナログ という話だったりします(^^♪)

 

上述の『サロンマジックのセールスポイント』という手書きメモを書いたのは、、、

某オーナーさんから「なぁオサカダさんって、僕らに(エラそうに)こうやって教えてくれよるけど、もちろん自分でもやってみたことあるんよなぁ!?」とご質問いただいたことがキッカケでした。

「いつもサロンマジックが素晴らしい!って言いよるがぁ。どんなふうにエエんか整理できとんじゃろ」

「当たり前じゃないですか~」と小声で呻きつつ、その場で書いたメモを後で家で整理したのが2013年12月8日のコトでした。

 

あれからもう4年も経つんですね。。。

半強制的&自業自得な雰囲気で取り組んだ書き出しで

私オサカダが見つけた『サロンマジックの魅力』とは。。。?

長くなったので、次回ブログで書かせていただきます。

細分化&具体化の先に見えてくるものという話。前編


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です