POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

「POSシステム=宝箱」という昔の自分の記事を読みました。

土曜日のお昼。アナタはどこで何をされているのでしょうか?
(サロンの皆様は、お仕事真っ最中ですね!)

 

私、オサカダは 昨日お会いしたオーナーさんとの会話の中で

「前にアナタがブログに書いてたじゃん!」と言って下さった記事を読み直しています。

 

POSシステム=宝箱 という話。

 

2016年1月3日の投稿でした。

正月休みで家に居て「今年一年がんばろう!」なんて思いながら

熱い気持ちで(暑苦しい…)原稿を書いたことを思い出しました。

 

あれから2年近く経つのですが

「あの頃考えてたコト」と「最近考えているコト」

方向性としては、大きな違いはないように思います。

 

~以下、「あの頃考えてたコト」の抜粋です♬~

 

サロンさんに「やるぞ!」って思っていただくポイントを探すのがPOSシステムの役割なんですよ。

(中略)

見えてきたポイントをどんどん掘って、掘って、掘って

細分化、細分化、細分化

たとえば、、、「客単価を上げたい」というテーマになったとしても。。。

どういうお客様に向けて、どのメニューを勧めていけば

宝物が掘り当てられそうなのか?

どういうお客様?っていうのも、「20代の女性」とか、そんな大雑把なくくりじゃなくて

「年間何回くらい店に来てくれている人?」「過去にどのメニューをしてくれた人?」

その商品を?についても「そのメニューの価値ってどういうこと?」「その人にはどの価値がピッタリくるの?」

ということを、掘って、掘って、掘って、

細分化、細分化、細分化。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

細分化、細分化、細分化していく

「その作業の中で」または「出来上がった結果を見て」

どちらでも良いのですが

 

細分化することで「よしやるぞ!」という熱い思いが

フツフツと湧き出てくる!

明日の営業が楽しみでたまらなくなってくる!

それが私オサカダの提案したいPOSシステム活用法なんです。

 

そういえば、もっと昔。2013年12月8日に

某オーナーから言われた

「オサカダさん、自分が僕らに指導しよることって、もちろん自分でもやってみとんじゃろ?」という言葉がキッカケで慌てて書き出した「例のアレ」にも、、、

「POSシステム=宝箱」という昔の自分の記事を読みました。

サロンマジックのセールポイント=やる気アップ(紙の右上方向)

と書いてましたね。

 

長くなるので、この辺で止めます。(^^♪


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です