POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

美容師さんを褒めたい!の巻。

えーーーっ、美容師さんを褒めたい!という話でございます。

いやね、いつもはこういうやり方はしないんですけどね、今日は先にタイトルをバンっ!て書いて

それから本文、書いてみようかな!なんて思って、あとついでに創作落語か!ってノリでいってみようかな そんなふうに思いながら書き始めてみたわけです。

えーーーっ、まず最初に申し上げておきたいのが、、、

あっ、その前に一つだけ言っておきたいことがあるんですけどね。

私、ふだん美容師さん、理容師さんと一緒に仕事をさせて・・・・

 

って、この文体。案外ラクですね。(^^♪

だけど、いつも以上に文章がムダに長くなりそうなので、、、止めておきます。

 

(さっきの続き)

「美容師さんを褒めたい!」と言いつつ

最初に申し上げておきたいことがあります。

 

それは。。。

私、オサカダヒロシは「絶対に美容師になってはいけない人間である」ということ。

 

理由その① 絶望的にオシャレじゃない&センスがない。(これは説明不要)

理由その② 壊滅的に手先が不器用。(キャンプとか行っても超役立たず。あっ、でもリンゴの皮むきだけは、結構、楽勝です♪)

理由その③ 相手の人との 距離やタイプや温度を感じ取りながら 関係を築いていくコミュニケーション能力が、、、

理由3つ目は、営業マンとしての必須項目だったりもします。反省モードで続きを書き始めると、♪13巻くらいの辞書になるだろう♪(by奥田民生「何という」)のイキオイで言葉が増えていきそうなので自粛しますが

 

美容師さんを褒めたい!の巻。

えーーーっ、なにを言いたいかと言うとですね。

一昨日なんかもそうだったんですけど、理容師さん、美容師さんが参加されるセミナーなんかに同席させていただくことがあるんですけどね。

(書きやすいので口語体復活!)

そういうセミナーの中で、講師の方が「じゃあここからはグループを作って、皆さん同士でお互いの意見を確認してみましょうか!」とおっしゃってディスカッションが始まることがあるじゃないですか!

あーいうグループディスカッションが、圧倒的にスムーズなんです。

 

Aさんの意見に対して、皆で「うん うん うん」と頷いてあげて

その雰囲気の中、Bさんが「それって〇〇ってコトですか?」

それに対して「そうなんです~っ!^^ 嬉しい~ いつも考えてたこと分かっていただけた~」

さらに今度はCさんが、「ウチでもこういうことがあったんですよ」

「えーっ、そうなんですか!?」「やっぱりそうですよね!」

「ってことは〇〇だったりするんですか?」」

「ウチでも同じようなことがあったんですよ」

「それって〇〇ってことですか?」

 

肯定&共感&興味 と 具体例と質問がいっぱいのディスカッション。

互いに質問と意見を重ねながら、どんどん広がっていく話。

横で聞いていて心地いいな!って思います。

コレって、ふだん美容師さん理容師さんがお店でお客様と展開している会話そのものなんですよね。

毎日の仕事の中で育んだ

肯定&共感&興味 に 満ち溢れた会話のスキル(というか姿勢)

 

他の業種の人たちの話し合いだと、、、なかなかこんなふうにはならないと思います。

 

お客さんの「わたしがあの店に通う理由」。技術的な話やお店の雰囲気も大きな理由かもしれませんが、一番大きいのはやっぱり「あの人がいるから」ですよね。

 

暑い日が続きますが、みなさん今日も頑張りましょう!

夏の甲子園も始まりました!わが郷土代表、おかやま山陽高校の初戦は本日第3試合です(^^♪

 


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です