POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

ほなこれセミナー岡山☆訪問レポート

機能に続いて今日も美容師さんのセミナーに参加してきました。

今日は聞く側。っていうか、美容師さん向けのセミナーですので、あくまでボクは見学です!

 

月一ペースで見学させていただいている

ニュートゥモロー町先生の『ほなこれセミナー』

ほなこれセミナー岡山☆訪問レポート

昨日はボクも同じように前に出てお話させていただいたのですが、、、

なにかやっぱり違うんです。

「どうすれば相手に伝わるか?」

話す内容、話の組み立て、声のトーン etc etc

いろんなことが積み重なって、、、結局のところ なにか違う!^-^;

 

今日、町さんがたとえ話で

「だってイチローの打ち方、習ったからって、おんなじように打てるわけじゃないですよね~」

とおっしゃいましたが、

セミナーのスキルなんていうのも、そういうことですよね。

 

結局、自分の仕事のレベルを上げようと思ったら

お手本にしたい人と自分の差を意識しながら

実際の場面を数多く経験するしかないんですよね。

 

昔、糸井重里さんが言ってたことも思い出しました。

 

「大切なことは打席に立つことだ!」

ヒットを打って塁に出よう!

ランナーを返して点を取ろう!

そういう気持ちを持って、実際に打席に立つ経験。

どれだけ沢山、その回数を重ねられるか。

 

別にセミナー講師の仕事に限った話じゃなくて、

理美容師さんトリマーさんネイリストさんの施術や接客だって

営業マンの商談だって、POSシステムインストラクターの店舗訪問指導だって

どんな仕事も「大切なのは打席に立つこと!」

本で読んで、アタマで考えて、分かったつもりになるんじゃなて

実際に打席に立って、ヒット打ったり、三振したり、デッドボール食らったり

そういう経験を積み重ねること。

 

打席に立てる機会をもらえることを、もっと喜ばないといけないな!

そんなことを改めて、感じさせていただいた今日のセミナー見学でした。

 

せっかくの内容を書かせていただく前に、こんな長い文章になってしまいました。

 

町さんのおっしゃるお話の中に

ふだん自分が仕事する中で実感していることと照らして

「うん、ホントそう!」と思える内容が増えていることを

すごく嬉しく思っています。

 

たとえば、こんな話。

「カルテは次回の自分への指示書」

「日報に書くなら事実より、自分の感想や気づき」

ふだん、カルテや日報を真剣に書いている人なら、、、わかるはずです(^^♪

 


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です