POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

脂ののったキンキの煮付けとプレミアムモルツ!

昨日Facebookに投稿させていただきました通り、ゆうべ、学校中学校の同級生(通称:シン)が独立開業した 料理屋『伸たこ』に行ってきました。

脂ののったキンキの煮付けとプレミアムモルツ!

写真はこの一枚しかとれておらず。

 

お世話になっている社長さんお二人から「飲みに行こうよ」といただくと同時に

「どこかエエ店探しといて!」と指令を受けて

先月、オープンしたばかりのシンの店にお二人をご案内しました。

 

結論から言うと、、、

「美味しかった。エエ店だったね」と喜んでいただけたようです。

シン、ありがとう!

 

平日の夜でしたが、結構、お客さんは入っており、忙しそうだったのですが

板長でもあるオーナーは、コマ目に客席を廻りながら、お客さんの様子をスルドク確認しながら、おだやかにニコヤカに対応を続けていました。

 

なるべく、お客さんの前に出ようとする姿勢。

「オレが一番の看板だ!」ってことをわかってるんですよね。

今、来ているお客さん。一番、多いのは独立前のお店の時に来てくれてたお客さん。「自分の店、出す時には教えてよ。食べに行くから」と言ってくれてたお客さん。

その人たちは、美味しい料理を期待するのと同じくらい、料理長の話をきくことを楽しみにきているんですよね。

それが当たり前のようにわかっているシンの振る舞い。

 

友達ではありますが、、、いいぞ!いいぞ!です。

 

僕らの席にも顔を出してくれた時、こんなことがありました。

「今日、何食べようか!?」と3人でメニューを選んだのですが

K社長が選んだ「ノドグロの塩焼き」が残念ながら品切れだったんです。

 

説明に来たのは、スタッフの女の子じゃなくて料理長でした。

「すみません。今日はノドグロのイイのが、あんまり入らなったんです。」

「キンキの煮付けがあるんですけど、今日イイのが入ってるんです。良かったら、ぜひ食べていただきたいです。」

と熱を込めて勧めてくれました。

 

しばらくして出来上がった料理を持ってきてくれたのも料理長。

(サービスの一皿も添えてくれつつ・・・^.^)

大皿にドーーンと乗っかったキンキの煮付け。

(写真撮らなかったのはホント失敗です。)

 

オーーッ美味そう!と声をあげる僕らにニコッと笑って

「ホント美味しいですよ。」

「30センチ越すくらいの大きさにならないと、旨味が乗らない魚があるんですよ。」

「キンキもそうなんですけど、これくらいの大きさになると脂がよー乗って美味しくなるんです。」

「ウチは大きい魚は大皿で出してシェアしてもらうようにしてるんです」

 

説明が止まりません。。。(^^♪

 

自信のある料理を出して、その味を楽しんでもらいたい!

知ってることはどんどん披露して、料理を楽しんでもらいたい!

そんな気持ちがカラダからあふれ出すような彼のトークをきいているだけで、プレミアムモルツの味わいが3割増しになりました!(^^♪

 

これって、料理屋さんに限った話じゃないですよね。

美容師さんも理容師さんもトリマーさんもネイリストさんも。。。

もちろん僕らPOSシステムの営業マンだって。。。

 

今日来てくれたお客さんに喜んでいただけるために

プロとして何ができるか!

技術と知識と誇りをもって!

 

 

岡山駅前のセントラルビル(高島屋の南隣)の地下一階。

『和食酒場 伸たこ』というお店です。

https://r.gnavi.co.jp/gan265gt0000/

料理の写真を見ていただきたいので、ぐるなびのページを載せておきます。

 

「なんか美味しいもん食べたいな!」と思う時があったら、

ぜひ一度、寄ってみてください!

「オサカダの友達!」って言っても、何もサービスはないかもしれません。(あるかもしれません。)


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です