POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

POSシステムで探していただきたいこと=やる気の出口

日曜日の夜のブログ投稿です。

今日、昼間、NHKでソフトバンクvs楽天の試合をやってるのを見て、「そういうえばブログに工藤監督のコトを書いたことあったよな?」と思い出して、探してみました。

あらためて言うまでもないことですが、、、パソコンとかインターネットかと、、、ホント便利ですよね。

 

「小坂田 ブログ 工藤公康」で検索すると、すぐに見つかりました。

工藤投手に学ぶ“データ分析のコツ”

という記事。2016年4月21日の投稿でした。

POSシステムで探していただきたいこと=やる気の出口

書いたときから1年ちょっと経過してますが、言ってる内容は今もあまり変わってないような気がします。

 

補足とか訂正とか強調したいことを、“あの頃のオサカダくんに”伝えるとしたら、、、こんな感じでしょうか。

・「データ分析」って言うよりは「データ活用」だよ分析だけで終わったら意味ない!って、キミも分かってると思うけど、そこは強調しないと。POSシステム屋=データ分析屋って思われたら、勿体ないことになるよ。

・「スコア(=データ)を見て、ピッチング(=明日の仕事)が楽しみになった。」っていう工藤投手の言葉。一番、言いたかったのはココだよね。そこは(1年2か月後の)オレも、そう思うよ。「POSシステム=やる気アップのための道具」なんて言葉で説明しようと思ってるんだけど、だけど未だに「どうすればこの価値がきちんと伝わるんだろうか?」の試行錯誤の毎日だったりしてるよ。

・工藤投手が見つけたのも「次の試合に挑むやる気」だと思う。理美容師さんやトリマーさんやネイリストさんが「明日の仕事が楽しみになるような」そんな「やる気のタネ」や「やる気の出口」や、そういうことを探すための道具(教えてくれるスコアラーさんみたいに!)ってことなんだよね。

 

あの日のブログの最後に書いた「アウトプット(誰に何をどう提供するか?)を意識することが大切なんだろうな」ってことが大切なんですよね。

目指す方向に向かってぶれることなく進んでいます。とも

1年以上前からほとんど進化してないんじゃね。とも

どちらも言える話なのですが、試行錯誤と仲間づくりの日々はまだまだ続きそうです。

 


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です