POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

「行き着いてしまった感」のある 私オサカダの営業トーク(前編)

先週今週と、初めてお会いする方に『サロンマジック』『トリミングマジック』の話を聞いていただく機会が続いています。

まあ、営業マンとしてはありがたい場面が続いているワケですが、、、

ご縁を作ってくだった皆様。本当にありがとうございます(^^♪

 

という書き出しでスタートしておいてなんですが、

新規営業の商談の場面でも私がお話している内容の核の部分が何か?…と申しますと

結局のところ

デジタル<アナログ という話になるわけです。

 

今日のブログでは、このデジタル<アナログの 「ちょっと行き着いてしまった感」のある話を紹介させてください。

私自身は間違ってないと信じている話ですが、表面的に捉えられると誤解を招く(=POSシステムというものの否定にもつながりかねない^-^;)ことにもなりそうな話です。

 

えーーーーーっと、

その「行き着いてしまった感」のある話っていうのはですねぇ。。。

 

カンタンに言うとですね。

 

分析<想い ということ。

いつも言ってる デジタル<アナログ にかぶる話なんですが。

 

どんなに便利な分析機能があっても、それを使う人に目的(想い)がなければ

「その分析には何の価値もない」ということになるわけなんです。

 

こうやって書くと、「そりゃそうじゃん!」な 当たり前な 話に見えるのですが

案外、これって まだまだ定着してないことであるように思えるんです。

 

だって私自身、2年くらい前までは、商談の場面でも活用フォローの場面でも

オーナーさんやスタッフさんに向かって

「ウチのシステムにはこういう機能があって」とか

「こういう分析ができるんですよ」とか

そういうことを一生懸命 説明して

「便利でしょ」って話をまとめていましたし。。。

 

最近になって、ようやく、それじゃあんまり意味がない!と思えるようになりました。

 

システムにどんな機能があるか?<使う人が何をしたいか?

と言ってもいいかもしれません。

 

という気持ちに立って、システム提案させていただいている私オサカダの最近の商談。

その中で語らせていただいている「ちょっと行き着いてしまった感」のある話とは何か?

ちょっと長くなってるので、明日のブログに回させてください(^^♪

 

今日の夜は、『サロンマジック』をお使いいただいている美容室さんに訪問して、

こちらの店では初めての「POSシステム活用講習」をさせていただきました。

「行き着いてしまった感」のある 私オサカダの営業トーク(前編)

「今、やりたいことって何ですか?」

雲をつかむような問いかけからスタートした講習にお付き合いくださって、ありがとうございました。

「やりたいことを見つけたい!(整理したい!)」という出発であっても

アナログ(想い)があれば、

それを解消するための道具としてのPOSシステムの使い方っていうのは 

いかようにもあるはず。

そんなことを改めて思った今夜の講習(というか相談会)でした(^.^)


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です