POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

「ネクストリーダー」2016年7月号の感想文

昨日のブログに書きました

「日曜日の理容師さん勉強会に持っていく情報」についての続きの投稿です!

 

「具体的なノウハウの後ろにある気持ちとか姿勢」

成果をあげるために重要なのは、なにより気持ちの部分なんじゃないでしょうか!というような話です。

どんな仕事でもそうだと思いますが、ヘアサロンとかペットサロンとかネイルサロンのお仕事の場合、「なおさら、そうだぜ!」なような気がします(^.^)

 

次の日曜日夜(明日じゃん!)の勉強会の準備として、業界紙に目を通して、目に留まった記事のひとつが

「女性スタイリストが男ゴコロの扉を開く7つの習慣」というものでした。

「ネクストリーダー」2016年7月号の感想文

(「ネクストリーダー」2016年7月号より)

12月の月間売上が80万から250万に たった2年でジャンプアップした女性美容師さんの取組の紹介です。(←すごいですね。。。)

7つ挙げられている取組や姿勢のお話が、それぞれ、どれも具体的で、勉強になるものではあるのですが、、、

書き始めると長くなりますし、ネタバレにもなりますし、

私自身が関わっているわけでもないことを書くことにも抵抗がありますので

内容の紹介は控えますが

お伝えしたいのは「7つの習慣」のウラにある美容師さんの気持ちの部分です。

 

さきほどの写真に載っている記事に

(この店では)お客の髪やファッションのアドバイスを積極的に行う。という紹介があります。

たとえば、、、として紹介されているのは、こんなトーク!

「髪にピロ毛が垂れていると詰めが甘い人と思われるから、ピシッと上げると営業成績も上がりますよ!」

(あれっ?結局、記事の紹介してますね。。。^-^;)

 

こういうトークができるのって、

そのお客様のことをよくわかったうえで

その人のために何ができるだろう?って考えて

さらに言えば、課題を解決するためのスキルがあるから

だから できることですよね。

 

女性か男性か?っていう性別とは関係なく、

これこそが スタイリストさんだからできる仕事 

すなわち仕事の価値 なんじゃないでしょうか!

 

ちょうど昨日、最近私が訪問させていただいたサロンの女性スタッフさんから

「あの時の宿題で~す!」とLINEでメッセージが届きました。

 

送っていただいた写真がコチラです。

「ネクストリーダー」2016年7月号の感想文

私の「POSシステム活用☆勉強会」では おなじみのフォーマットです。

 

お客様のお名前を中心に書いて、その中心から放射状に

マインドマップというかロジックツリーというか。。。

かなり我流なスタイルになってきていますが、、、

「そのお客様について思っているコト」

「そのお客様にしてあげたいコト」を

どこまで具体的に洗い出せるか?にチャレンジしていただくシートです。

 

「友人紹介での新規集客を増やす!」という目的に向けて、チャレンジしていただいた取組だったのですが、このシートを書いてくださったTさんとの「緊急☆電話ミーティング」の結論は

Kさん(このお客さん)に何をしてあげられるか?

Kさんに、自分のコトをどれだけ分かってもらえるか?

これが「いかにして友人紹介の話につなげるか?」の根っこになるよね!

という話になりました。

 

「(男女を問わず)スタイリストが(男女を問わず)お客様ゴコロの扉を開くカギ」につながる話だと、私は思っているのですがいかがでしょうか!?

 

実際には、男性客と女性客では、提案の切口がぜんぜん異なってくるものだったりするように思いますが、、、そのあたりの感覚は、理容師美容師の皆様の方が、はるかにお詳しいですよね(^-^;


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です