POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

カンペキに独り言のような記事。

本日、某サロン様にて、弊社のペットサロン用のPOSシステム『トリミングマジック』をご契約いただきました。

オーナーさん、幹部さん、スタッフさん。

システム導入前の段階で、それぞれの方と別々に時間を取ってお話しさせていただくことができたのですが、こうやって、自分の商品(システム)を使う人とお話しさせていただくことは、非常に有意義で勉強になります。

 

最近、つくづく思うのですが。。。

あらたに「システムを導入しよう!」なんて決意して下さる方には

皆さん、それぞれの“確固たる理由”があります。

 

「10年先を見越して、ずっとお付き合いできるファンを増やす方向に舵を切りたい」であったり

「店舗間の状況を見える化して、互いに刺激し合って成長していけるようになりたい」であったり

もちろん、「新規オープンするにあたって、戦略的にお店を経営していくために」なんていう場合もあったりします。

 

POSメーカーの営業マンとして、気を付けておかないとなぁ~と思うのが

「お前がエラそうに正解を示すような立場に立とう!なんて思うなよ」

ということだったりします。

 

もちろん、参考にしていただくための材料として「こういう方法もありますよ」というネタは積極的に提供していくべきだと思います。

※個人的には“たたき台”というワードが大好きだったりします。

 

ですが ですが ですが

やっぱり、そのお店なりの・その方なりの ご自分で考えた方向性に沿うようにして、システムの機能を提供していくことを基本にするべきだ!と思うんです。

 

ただ逆に言うと、、、

それだと「お店の成果に対して、お前は責任を感じないのか!」という話にもなってきます。

 

『サロンマジック』『トリミングマジック』を導入していただいたサロンさんに成功していただきたい!という気持ちがあることは当然のコト!としたうえで、自分の存在意義をどう定義づければ良いのか???

現時点の答えとしては

①〇〇を達成したい!と思っているオーナーさん・スタッフさんの想いを受け止めて、そのための最善のシステム活用法を提案できる人間でいること。

②達成したい〇〇。が具体的に決まらないんだよなぁ。というオーナーさん・スタッフさんの想いを受け止めて、それを探すための最善のシステム活用法を提案できる人間でいること。

③こういう話について「まずはアイツに聞いてみよう!」と、一人でも多くのオーナーさん・スタッフさんに思っていただける人間でいること。

とりあえず、こんなふうに思っているようです。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です