POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

そうか!僕の仕事はPOSシステムに付加価値をつけることなんだ!

昨夜は、岡山の『ほなこれセミナー』。2017年の第一回目でした。

弊社エクシードシステムもコンサル指導いただいているNewTomorrow町さんのセミナー。

岡山会場のテーマは「愛され 売れるスタイリストへの道」というもの。

『ほなこれセミナー』のご紹介はこちら!

「ほなこれ」の意味は、大阪弁の「ほなこれな!」だそうです(^.^)

町さん曰く。

「美容室のオーナーさんには(ボクらも含めて)外部から、あれやこれや、いいですよ!ええですよ!って言ってくる輩が多すぎる。」「ボクの強みは全体を俯瞰して、サロンさんにとって“何が最適なのか”をアドバイスできることだと思っているので」「その方の(お店の)状況・段階に合わせて、ほなこれな!って提供できる役割を担いたいんです」

だそうです。(すんません、私:オサカダの解釈も入ってしまってるかも。。。)

 

私:オサカダが、お客様と話をする時によく使っている「アナログ」という言葉にも通じる精神論的な部分(観念や価値観、想いや欲や志)と「デジタル」的な部分(結果としての数字)

この両方をバランスよく考えて、取り組むことが重要とおっしゃる町さんのセミナー自体も、根っことしての精神(の育み方)、結果としての数字(の見方)の両面を勉強させていただける、、、昨夜もホント面白い内容でした。

この写真は会の冒頭。町さんの自己紹介の場面です。

そうか!僕の仕事はPOSシステムに付加価値をつけることなんだ!

「ボク、こんな仕事やってますけど、実は数字が大の苦手でして。。。」

「3とか33っていう数字に興味がある方って、いらっしゃらないですよね~^-^;」

「ボクもそうなんですけど、ですけど美容室のこと考えて、カラー比率33%って言えば、アタマの中に、、、カット台が3席ある店にお客さんが3人座ってる絵が浮かんできて、、、そのうちの1人がカラーしてるってことは、、、これを倍にしようと思ったら、、、ていう具合にイメージが広がっていくんです。」

(数字見るって、こういうことですよ~)と言外にお伝えしようとしている冒頭の挨拶。会場の参加者の皆さんと一緒に、私も引き込まれていました(^^♪

 

文章長くなりそうなので、、、私自身が「勉強させていただいたこと」を一つだけ報告して、終わらせていただきます。

そうか!僕の仕事はPOSシステムに付加価値をつけることなんだ!

「お金=プロとして成長の証」と「付加価値=技術・接客・商品」

この交換が商売というものですよ~

というお話がありました。

2000円で仕入れたシャンプーが4000円の価値を生むのは、そこに皆さんの技術と知識が乗っかるから。

もっと言えばカットで4000円いただくのに原価なんてハサミくらいのものですよね。ボクがハサミ持って髪切る!って言ったって、誰も一円も払ってくれないと思うんですよ。

というお話を聞きながら

自分(オサカダ)の仕事に置き換えるとどうだろう?って考えていました。

 

そうか!僕の仕事はPOSシステムに付加価値をつけることなんだ!

こんな言葉がアタマの中にポン!と飛び出してきました♪

「あんたが教えてくれたおかげで、この機械の使い道が増えた!」

欲しいのは、きっとこういう言葉!

今更ながらかもしれませんが、、、そんなことを再認識した夜でした(^^♪


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です