POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

それがあれば何でもできる!でもそれだけじゃ何もできない。

昨日、自分の書いたブログをFacebookで紹介する際に書いた

データを入れれば入れる程、システムは愛着ある相棒になっていくはず。

という言葉。我ながら、結構、気に入っています(^^♪

 

「レジを打つだけどデータが勝手に貯まりますよ」というのが

弊社も含めたPOSシステムメーカーの

セールストークの一つだったりもするのですが、

ただ単にデータを貯めていけば、そのシステムが相棒に成長していくわけでは勿論なくて、、、

我流・オレ流・ワタシだけの、、、工夫やアイデアやコダワリを込めながら

データを貯めていかなければ、、、やっぱりシステムは成長していきません。

 

必要なのはやっぱり、「ウチの店のコレを知りたい!」というテーマやら方向性を決めること。

更に、その前提として「こんな店にしたい」という目標。いわゆる「PDCA」の最初の部分。PLANが重要になってくるようにも思います。

もっと言えば、このPLANを具体化していくために必要なのは、お店で働く方々の 気持ちとか欲とかが出発点になるわけで、、、

つくづく、POSシステムを上手に使っていただくためのカギは

デジタル<アナログだな!と思うわけです。

 

大抵のことに使えるPOSシステム、だけどそれだけではなんにも出来ない。

という事実。

使う人の気持ちや欲が乗っからないと、「ただ単に便利な道具!」で終わっちゃうんですよね。

このことを僕らメーカーの人間は、ココロの底から理解してないとダメなのですよ。。。

 

写真は昨日の夜、訪問したサロンさんでの一コマ。

 

それがあれば何でもできる!でもそれだけじゃ何もできない。

集計結果を印刷して、オーナーと一緒に、「店の課題=伸ばしていくカギってどこだろうね?」の相談をさせていただきました。

私に「こうしましょう!」の答えをピンポイントで指し示すスキル(つもり)があるわけじゃありません。

だけど、一緒に相談する中で、「やっぱり、新規リピートと常連さんへの〇〇提案だよね」とか(←たとえば。。。ですよ^^)合意が取れて行動のモチベーションを持っていただけるなら、そのことには意味があるように感じています。

 

こちらのサロンさん。

もともと私が担当ではなかったのですが、一度、活用提案で訪問させていただいたのをキッカケにしてお付き合いが始まり、途中で新バージョンに契約更新していただいた経緯があります。

他社システムの場合でも、活用提案をさせていただくうちに、弊社システムに切り替えていただき、その後、真剣にデータ活用の相談をさせていただいていることがあります。

結婚で言うと、、、

「バツイチ同志のカップルは結構うまくいく」、、、それと同じかも(^-^;


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です