POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

社長に勧められた本の感想文 前編

CRMって言葉、ご存知ですか?

CRMとは、Customer Relationship Management の略。

カスタマー リレーションシップ マネジメント

「顧客関係管理」と訳されることが多いのですが

つまりは、「個々の関係性を強化することで、息長くお付き合いいただけるお客様を増やして、売上を伸ばしていきましょう!」というような概念ですね。

社長に勧められた本の感想文 前編

弊社エクシードシステムの丸山社長から「参考になるよ」と教わった本を読んだのですが、非常に勉強になったので紹介させてください。

すべてのPOSシステム屋、そして、POSシステムを利用されているサロンの皆さんに読んでいただきたいような内容でした。

CRMって何?っていうことを わかりやすく言うとすると 例えば

「2:8の法則(レパートの法則)」で言うところの上位顧客をしっかり意識(手厚くフォロー)することが、その起業の業績アップに大きな貢献を果たす!というような例が挙がってくるのですが、イメージ湧きますかね。

ボクは「昔の(田舎の)よろずやさん」のイメージで考えることがあるのですが、

お客様の趣味嗜好や家族構成や「今までウチで買ってくれたもの」なんかを、しっかり把握していて、「〇〇ちゃんが春に小学校入るから、これ用意しときましたよ」的なお付き合いをできるお店

のような関係性を作っていくビジネスモデル

「マスマーケティング」=広く浅く(とにかく新規の)お客さんを増やしていこう!と対義語的に位置づけられることも多かったりしますが、

これって、『サロンマジック』や『トリミングマジック』のようなPOSシステムと、すごく相性の良い話だったりするんですよね。

 

パッと概念だけを考えると「良いことずくめ」っぽい感じのする、このCRMについて、

「なぜ店舗の売上アップにつながらないのか?」っていう刺激的かつ否定的なタイトルを付けられているこの本。

POSシステムは、この「CRM的な取組」に使ってこそ、意味がある!と信じて、日々の仕事を考えている私にとっては、正直「おもしろくない!」、しかも「ウチの社長がなんで、こんな本を勧めてくるんだろ?」という気持ちが正直してくるような、、、そんなタイトルだったりしたのですが、、、

中身を読むと、ものすごく共感できる!私がふだんブログに書こうとしている「今現在の達成度が何合目か?はわからないけど、登ってる山はこっちでいいはず!」というテーマそのものの話だったりしました。

 

えーーーっと、長くなるので、、、いったん止めますね。

続きを明日書かせてください。

CRMって概念は間違ってないけど、その仕組みを導入すればうまくいくってもんじゃないぜ!

っていう話なんですけどね。いやもう、ホントこれ、そうだとおもうんですよ(^-^;


コメント : 1

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です