POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

できるのは教えることじゃなくて一緒に考えること。

月火水と3日間、集中的に、美容室さん・ペットサロンさんを訪問して

あれやこれや、、、POSシステムの活用についての相談をさせていただきました。

新規オープンされたばかりのオーナーおひとりのペットサロン。

先代のお母さまの代から地域のお客様のお悩みや憧れに応えてきた美容室。

弊社システム『サロンマジック』『トリミングマジック』をお使いいただいているお店もあれば、まだ導入されてない(いつか導入してくださるはず^^♪)お店もあれば です。

できるのは教えることじゃなくて一緒に考えること。

この写真は、今日水曜日の夜、最後にお話しさせていただいた美容室さんでの様子です。

自分でもビックリするくらい 威厳とストレスとしまりのない顔ですね。

あと画面が真っ暗ですね。話し合いが終わった後で ワザワザ撮影した“やらせ写真”であることがミエミエです(^-^;

写真は、この話し合いに同席してくださった担当ディーラーさんが撮影してくださいました。(ホリさん、ありがとうございます!)

 

書き始めると長くなるので内容は省略しますが、、、

デジタルとアナログを組み合わせることの重要性。

そして、アナログ段階での思考や整理や思い入れがなければ、デジタル(機能)を活かすことなど、できっこない!

という話を前提にした面白い話し合いができたように感じています。

 

振り返ってみてつくづく思うのは、、、

私のようなメーカーの人間が、実際のユーザーであるサロンの方に、POSシステムの使い方を教えることなんてできやしない ということ。

できるのは 教えることではなく、一緒に考えること。

「数字が簡単に見れて便利」というレベルを超えた使い方をしようとするなら、お店の方自身に「何のために使うのか?」を考えていただく必要がでてきます。

それを決めるのは、やはりオーナーさん御自身であるべきだな!ということを、最近、より強く感じるようになってきました。

そういう意味では、打ち合わせのあと「勉強になりました」という感想を言われることが減ってきているのは、良いことなのかもしれません。

できるのは教えることじゃなくて一緒に考えること。

お店でいただいたクッキーを肴に セブンイレブンの500円ワインを飲みながら、原稿を書いていると

お店の方から こんなLINEのメッセージをいただきました。

できるのは教えることじゃなくて一緒に考えること。

「楽しみの向こうの野望!」

う~ん、いいですね。名言いただだきました(^^♪

この「野望」の細分化と、それに至る道筋の具体化。

これをPOSシステムを使う目的にしていただくこと。

これがぁ わ~たしのぉ い~きぃるぅみち~~♪ です。

 

そういうことにしておけば、これからさきも たぶんイイ感じ なのです(^.^)


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です