POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

日ハムの若手育成のカギの一つは読書だそうです。

今朝、布団の中でスマホで、日本シリーズの話題をどんどん興味のあるリンク先に進んでいるうちに

こんな記事に行き着きました。

日ハムの若手育成のカギの一つは読書だそうです。

週刊現代 日本ハム「勇翔寮」長所を伸ばす人間教育

日本ハムファイターズという球団は、ドラフトで力のある高校生を指名して、しっかり育てて戦力にする!という記事を読んでいるうちに行き着いた記事なのですが

ダルビッシュ有、陽岱鋼、吉川光夫、中田翔、、、

もちろん大谷翔平選手も、、、考えてみると、日ハムの主力メンバーは生え抜き選手ばかり、しかも高校生をきっちり育てて、、、という明確なチームの方針が感じられます。

これって、日本シリーズを戦った広島カープにも共通して言える傾向ですよね。

 

先述した週刊現代の記事に出てきた寮長さんは、元々、高校の先生です。

プロ野球の世界から見れば“アマチュアさん”が、球団関係者が数年に渡って口説かれて、「若手選手の人間形成」の責任者として“寮長”という立場から、金の卵たちの育成に取り組んでいるのですが、面白いな!と思ったのは、朝食後に読書の時間を義務付けた!という話。

(別の記事に詳しく書いてあったのですが)

毎日の朝食後、10分をノルマに全員に読書を義務付けたというんです。

選手の視野を広げるためにも、、、目標を明確にさせるためにも、、、読書の習慣をつけることが非常に効果的だと思う!という寮長のお話。

記事を読んでいるうつに、私がお付き合いさせていただいているサロンのオーナーさんの中にも「自分で会社をやるようになってから、本を読むようになった」と言われる方が多いことを思い出していました。

野球選手であっても、美容師さんであっても、トリマーさんであっても、この部分はたぶん一緒ですよね。

スタッフさんの教育(もしくはご自身のために)に、「毎日、〇〇分ずつ本を読む」ということが、もしかすると、大きな効果を産むのかもしれません。

わが身を照らしつつ、そんなことを思いました。

 

・・・とか言ってる私が今日、読んだのはこんな本。

(カンペキに個人的な趣味趣向の範疇ですね。。。^-^;)

日ハムの若手育成のカギの一つは読書だそうです。

仕事に役立つか否か?さっぱりわかりませんが、どちらも超オススメです(^^♪

 


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です