POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

カーナビみたいに簡単にPOSシステムを使おう!最終話。

3日連載話になってしまいました。

カーナビ(又はタブレット)のみたいに簡単にPOSシステムを使う方法。

それは何か?と言われれば・・・

 

   目的を決める!

というただ一言。

シンプルですみません。。。

でも、ホントにコレだと思うんです。

 

人がクルマに乗ってナビを使う時

それは「行きたい場所が決まっている場合」です。

それを住所で調べるか?電話番号で調べるか?

場合によっては「近所のお好み焼き屋さん」なんていう曖昧な要求をすることがありますが、それでもせいぜいその程度。

 

POSシステムを使う場合も、例えば「トリートメントをするお客さんを増やしたい」という目的が決まっているのであれば

そこから、「どういう人がトリートメントをしてくれそうか?」と発想を広げることで

「過去1年以内にトリートメントをしているのに、この前来た時にしなかったお客さん」

「過去1年にカラーをしているがトリートメントをしていないお客さん」

「ケアが必要になる〇〇歳以上の女性で、ウチの店に年4回以上のペースで来てくれているのに…」

というような感じで「調べたい内容」をイメージしていくことができれば

それを探すための道具として、POSシステムは大活躍します。

 

上に挙げた「過去1年以内にトリートメントを…」というような部分って、カーナビを使う場合でいうと

「今日の昼は倉敷のあの店でカレーを食べたい!」とか

「それが終わったら、知り合いがやってる店に行って・・・」というような部分だと思うんですよね。

この部分をナビに訪ねるようでは人間として悲しくなってきませんか!(控えめに机をドン!)

 

突如、出てきた ケダルサただなるぬ この画像。

カーナビみたいに簡単にPOSシステムを使おう!最終話。

昨日の昼、徳島でお昼をご一緒したネイルサロンのH口社長のリラックス姿です。(お昼、ご馳走様でした♪)

 

この写真を撮らせていただく30秒前に

「どんなセミナーでもどんな機械でも、使う側が目的を決めとらんかったら、意味ないと思うんよ」と結構、強めに机ドンとされていたH口さんなら、きっとわかってくださると思って写真を撮らせていただきました(^.^)

 

時々、「ウチはコンサルの先生に指導を受けてるからPOSシステムを使う必要がないんよね」と言われることがあるのですが、、、

コンサルタントの先生がしてくださる仕事が「お店の成長・発展のために何をするか?」を整理・浸透させることだとすれば、、、

そういうお店でこそ、POSシステムの道具としての役割 がうまく機能するとおもうんだけどなぁ~と思うこともよくあります。

 

逆に(同時にかな?)、コンサルタントのような深い提案はできないまでも、POSシステムを販売する人間として、少しでも、「サロンさんがPOSシステムを使う目的」の整理・浸透をお手伝いできないかなぁ~というのが、私が日々取り組もうとしていることであるようにも思います。

 


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です