POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

サロンマジック活用法と黒田投手の工夫の共通点②

「今、相談してる話って、たぶん黒田選手に話しても納得してもらえると思うんだけど・・・」

というお話の続きです。

広島の とある散髪屋のスタッフさんと

「①スパメニュー提案による単価アップ」と「②ご紹介をお願いして新規客獲得する」を優先順位の高い取組と決めて。。。⇒そのうえで、「①②をそれぞれ誰に提案していくのか?」の絞り込みをおこなった。。。

そのうえでのお話です。

サロンマジック活用法と黒田投手の工夫の共通点②

※写真はイメージです。(他のお店で勉強会させていただいた時の写真で代用)

 

K谷さんとお話しながら、ふとお店の壁を見上げると

真っ黒に日焼けした広島カープ黒田投手と、何焼け(?)かわからんけど同じくらいブラックなオーナーの2ショットお宝写真がありました(*^^)v

広島の散髪屋さんには、カープの選手とお店の人が一緒に撮った写真ってよく飾ってあるんですよね。市民球団カープという雰囲気が伺えて、見るとなんだか嬉しくなります(^^♪

 

さて さて さて

この時、K谷さんとしたがの以下の話です。

「黒田(敬称略)って、メジャー行ってピッチング変わったって言われますよね。」と私。

「えー、まっすぐで押すだけじゃダメってことで、、、(中略)、、、ツーシームの使い方が、、、(中略)、、、フロントドアのおかげで・・・」と、グッと身を乗り出して、説明してくれる野球好き。

とにかく、ピッチングスタイルが、広島カープからドジャースに移籍した結果、大きく変わったということは、野球好きの間の通説だと思います。

「すごい試行錯誤があったと思いません?」と私。

練習の段階から、どの球が通用するか?どういう組み立てが有効か?ストライクゾーンが変わることをどう活かすのか・・・etc,etc,,,

実際に相手打者との対戦が始まってからも、どの球が通用するか?どういう組み立てが有効か?・・・etc,etc,,,

たぶんアメリカに渡ってから研究熱心になったわけじゃなくて、広島カープにいた時から、いやそれ以前、プロに入るその前、子供のころから、、、ずーっと当たり前のように、考えて、試して、成功したり失敗したり、また次を考えたり、、、そんなことを当たり前のように続けてきているんだと思うんですよね。

ボクのそういう話に、「黒田って、対戦相手の記録をすごく丁寧につけてるって聞いたことがあります」と乗ってくれるK谷さん。

 

ビジネス書で当たり前のように言われる「PDCA(PLAN→DO→CHECK→ACTION)」って

結局は、うまくいきそうな方法を考えて(その根拠も考えて)

実際にやってみて

うまくいったかどうかを考えて

もっと良い方法を見つけて、やってみる。

ということだと思うんですが

 

黒田投手がカープの後輩ピッチャーに「プレートのどの位置を踏んで投げるか?」をノウハウの一つとして指導した!というニュースを読んだことがあります。

表に出てないノウハウも、山のようにあるんだろうと思います。

 

僕は黒田投手と直接お話しする機会を持てるわけではありません。

それでも一つ一つの工夫が、きっと、次の試合の対戦相手のことを、一人一人具体的に対戦打者を想定して、マウンドやベンチや、家の布団の中や、移動中のクルマや、いろんな場所で、あれやこれや、もしかしたら手にペンを持ってネタ帳に書き込みながら、考えを巡らして、、、それを実践で試してみて、、、その結果をもとに次の手を考えて、、、という取り組みの中で 積み上げてきたんだろう!

ということは想像できます。

 

黒田投手がバッターを打ち取るように、理容師さんはお客さんをやっつけるわけじゃありませんが、それでも対戦相手(明日の予約のお客さん)について、「どうアプローチすべきか!」を考えるべきである。ということは全く同じなんじゃないでしょうか。

というような話をさせていただいたんです。

 

どのような取組につながっていくか!楽しみにしたいと思います。

と他人にはエラそうに言ってる私の仕事も、まったくもって、おんなじだったりするんですけどね(^-^;


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です