POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

サロンマジック活用法と黒田投手の工夫の共通点①

サロンマジック・トリミングマジックを使って、「お店の(自分の)売上を伸ばしていくために何をしよう!」という相談をしていると、、、

最終的には ほぼ必ず、「誰に対してなのか?」という話になります。

「やるべきことを具体化するための道具」としてPOSシステムを使いましょう!

ということが、私がこのブログでお伝えしたい一番のメッセージなのですが、その目的に沿ってサロンの皆様と話をしていくと、

最後は ほぼ必ず「誰に対してなのか?」という話になるんです。

理美容室やペットサロンの仕事が、1人1人のお客様に、自身の持ってる技術と知識を使って、満足していただけるサービスを提供すること である以上、これって至極当たり前な「大前提」のような話なんじゃないかな!とも思います。

さて さて さて

この前、広島の理容室さんでスタッフK谷さん(20代男性)と取組相談をした時のお話しです。

「①スパメニューの提案による単価アップ」と「②ご紹介をお願いすることでの新規客獲得」が、今、やるべきことと位置付けたK谷さんと「①②をそれぞれ誰に提案していくのか?」の絞り込みを行いました。

9月に来店する見込みの御自身の担当客の中から、①②に該当するお客様を、サロンマジックで抽出した顧客リストの中から、K谷さんに判断していただきます。

POSシステム活用の必殺技は、デジタル×アナログ!

機械任せにするんじゃなくて、機械で出した情報を「なるほど、そうなるか?これにオレの考えをノッケテいくと、、、こうなるよな!」と最後は、自身の意思(好みや都合や)を反映させることが、成果を出すための大切なステップだとも思います。

ここまでは いつも私がサロンさんで取り組んでいる内容そのまま なのですが、K谷さんとの打合せは違ったんです。

ふと壁を見上げると、、、そこにはお店のオーナーと今をときめく広島東洋カープの黒田博樹投手の2ショットの写真が飾られていました。

サロンマジック活用法と黒田投手の工夫の共通点①

すみません。お店に飾ってあった写真は、「オーナーから黒田に確認とらんといけんのぉ」というお言葉がありましたので、掲載自粛(^-^; かわりに「二次使用OK」とあった画像を拝借します。

ふと思いついて、「K谷さん、黒田すき?」と尋ねると

なにを言ってるんだろう、このおっさん?(んな当たり前のことをワザワザ聞くなよ)

と一瞬、表情が固まります。

「今、相談してる話って、たぶん黒田選手に話しても納得してもらえると思うんだけど・・・」

とお話しした内容を・・・

長くなりましたので、次回、書かせていただきます。

久しぶりの!続き物投稿とさせていただきます(^^)/

サロンマジック活用法と黒田投手の工夫の共通点①


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です