POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

客数アップの取組☆たとえばこんな感じ③

前々回のブログで「(取組のターゲットを)細分化した後、そのお客様へのアプローチをどう考えるか?書きます」とマエフリした内容について、書かせていただきます。

整理させていただきますと。。。

産休に入られる先輩のお客さんを引き継ぐことになったS井さん。(素直&前向き。心を込めて応援したくなる男性スタイリストさん)

彼の「12月には技術売上100万円という数字を、なんとしても達成したい」という想いを、どうやって実現させるか?という話です。

まずは、目の前の目標を定めて、それをクリアすることから!ということで、9月の集客目標を決めたのが、前々回のブログの内容でした。

「文章が長すぎるのは、誰にとっても、プラスにならない!」という判断を、一応、させていただいて、紹介しなかったのですが、「客数を増やす」というコトと並行して、「客単価を伸ばす」というテーマについても、実を言うと、、、相談させていただいていました。

「ヘッドスパとトリートメントのお客様を増やす」というのが、そのための戦術(の題材)でした。

 

客数を増やすための取組も、、、、

客単価を上げるための取組も、、、

私が提案させていただいたのは、まったく同じ取り組み(手法)になりました。

 

乱暴な言い方かもしれませんが、「結局、POSシステムでできること」というのは

その目的・目標を達成するために、重点を置くべき商品と対象となるお客様が 何であるか?誰であるか?ということに尽きると思うんです。

(うまくすれば、「お客様の悩みは何か?」という部分に踏み入ることができるのかもしれませんが、私は、まだその実感を持てていません。。。^-^;)

 

POSシステムの役割は「課題とターゲット顧客の抽出まで」。

と言葉にしてしまうと、悲しくなってくるような話になるのですが、

POSシステムなしで、「課題とターゲットの抽出」をしようと思うと、相当に大きな負担(努力×時間)が必要になりますので

POS=ポンと押して探す

というスタンスで、「課題とターゲットの抽出」のためにシステムとデータを使っていただくことができるなら、それなりに大きな価値があると思うのですが、いかがでしょう?

サロンマジック・トリミングマジックの私(オサカダ)にとっての提案価値は、この部分にあると考えています。

さて、、、課題とターゲットを抽出した後、目標達成のために何をすればいいのか???

その方法論として、今の私がサロンさんに提案させていただいている内容は、、、

以前から、このブログでも紹介させていただいている“我流マインドマップ”の手法だったりします。

客数アップの取組☆たとえばこんな感じ③

テーマを決めて、書き出した(思いついた)内容を題材に“自問を重ねて”→細分化→細分化→その結果、どのような具体策が出てくるか???

「抽出した課題」「抽出したターゲット(お客様)」を題材にして、整理していけば、

POSシステムの分析結果が、目標達成のための“宝物のような存在”になってくるはずなんです。

デジタル<アナログ

ずっと言い続けていることですが、アナログ(サロンの皆さんのアタマの中や毎日の頑張り)を取組に活かすための工夫をしないと、、、なかなか良い結果は出せないように思います。

 

すみません。また前置きのような話で1300文字を超えてしまいました。

明日こそ、“我流マインドマップ”の具体的な内容を紹介させていただきます。

※私の勉強会を体験されてない方にとっては、マジでチンプンカンプンな話だと思います。いつか上手に説明できるようになりますので、今は、ごめんなさい<m(__)m>


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です