POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

成果を出すために一番大事なことは目的を決めること!?かも。

最近、お付き合いさせてもらっている複数のサロンさんから、同じような相談を受けています。

サロンの共通点は、「スタイリストがオーナーさんがお1人である」ということ。

 

「ヨメさんに店、手伝ってもらってるんだけど、彼女ができるメニューで客単価を上げていこうと思ってるんよ。」

こんな話を異口同音に、「えーーっ、〇〇さんも!」って感じで、別々のお店で次々に相談を受けたんです。

オープン準備をしている美容室さん。

オープンして数か月、経過している理容室さん。

創業から3年ほど経過。「集客とリピート率はかなり安定してきたから」という美容室さん。

 

状況はそれぞれです。

ではありますが、奥さんが身に付けた「ネイルのメニュー」を「客単価アップ⇒売上アップ」のために上手に活かしたい!

という思いは共通しています。

 

ほんと、なぜそうなったのか?は分からないのですが、、、それでもひとつ言わせていただくと、、、

オーナーさん主導で、こういうふうに「〇〇したいと思ってるんだけど…」というご要望がある場合、「POSシステムは、ものすごく使い勝手の良い道具」になるはずなんです。

 

やるべきことは、ネイルのメニューを提案すべき相手の絞り込みです。

 

・常連さんの中の女性客。⇒その中で提案すべき相手は誰か?(その人に、なぜネイルを提案したいのか?)

・常連さんの中の男性客。⇒その中でネイルをオススメできる女性の知り合いがいるのは誰か?(どういう理由・目的・価値で勧めてもらうのか?)

・常連さんじゃない人の中にもオススメすべき相手はいないのか?(そもそも、ウチの店がお客様にネイルをオススメする理由って何だろう?)

 

「POSシステムがあれば、この答えが全てタチドコロニ見つかる!」

なんていうわけじゃ、、、スミマセン、そういう話じゃないんですよ。

 

POSシステム屋として、責任放棄するわけではありませんが、

大事なのはアナログ>デジタル です。

システムのデータを見て、スタイリストさん、トリマーさん、ネイリストさんが御自身のアタマで考えることが大切なんだと思うんです。

先に書いた(・・・)の部分。たとえば「その人になぜネイルを提案したいのか?」の部分。

これを考えるのは、やっぱり人間の仕事だと思います。

「〇〇をしたい」という目的を持って、サロンの皆さんが、そのための方法(具体策)を見つけるための“道具”として使っていただけるようになれば、POSシステムというのは、目標達成のための最高のパートナーになるはずなんですよね。

 

久しぶりに暑苦しい文章になっていますが、、、正直な気持ちです(^.^)

 

今日は、広島でNEW TOMORROW 町先生のセミナーに参加させていただきました。毎回、思うことですが、美容師じゃない私が聞いても勉強&刺激になるお話です。

成果を出すために一番大事なことは目的を決めること!?かも。

あらためて「今の自分にもできること」「今の自分がやるべきこと」が明確になるような気がしました。

その話も、また今度、投稿させていただきます。

 

 


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です