POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

子供サッカーの送別会で泣きそうになった夜

子供のサッカーチームで 夏の終わりのBBQを楽しんできた今夜。

6時頃から準備を始めて、、、肉を焼いて、肉を食って、時々野菜も食べて、、、今日はクルマで行ったので僕は酒はナシで、、、(^-^;

 

途中からは、お父さんだけ隅っこに集まって、コーチのチーム強化の構想案を聞かせてもらうのも いつもの楽しみです。

「今から枠にハメて、ボクのやりたいプレーをさせるんじゃなくて、とにかく、考える局面を増やすようにしてやって、中学、高校と上に上がった時に、自分で考えて動ける選手になれるようにしてやりたいんです。サッカーは発想のスポーツだから。試合の場面場面で、次の展開を考えて、判断して動けるかどうか!がその選手のレベルを決めると思うんです。」

「家で、繰り返しボールを蹴る練習をしてほしい。壁に向かって練習できたらベスト。いろんなパターンのボールにどれだけ合わせられるか?はこういう練習で身についていくんです。ゴール前で、こぼれて来たボールはサッカーの重要な得点源だけど、相手選手にあたって跳ね返ってくるボールと、ポストにあたって跳ね返ってくるボールじゃ、勢いが倍くらい違ってくる。これに合わせられるかどうか?はやっぱり練習量。」

話は、止まりませんが、僕はこういう話を聞くのが大好きだったりするので、まったくもって、楽しい♪楽しい♪

 

子供のサッカーの話なのですが、サロンさんでのスタッフさんの成長の話にも、ピッタリそのままハマるような感じです(^.^)

もちろん、ボクら営業マンに置き換えても、おんなじこと。

 

会の最後に、ちょっとステキなサプライズ的な場面がありました。

別のクラブチームに移るため退団が決まっているTくんが「チームのみんなに挨拶させてほしい」と言ってくれて、急きょ、お別れ発表会的な展開になったんです。

「自分で決めて辞めることになったけど、ボクはこのチームが大好きだし、みんなのおかげでサッカーが好きになったと思う。学校であったら今まで通り、遊んでほしい。」

「僕は新しいチームで頑張る。ほとんど遊ぶ時間も無くなりそうな感じだけど、自分で決めたことだから頑張る。みんなもサッカーがんばって上手になって、いつかは日本代表で一緒にできるようになったら。。。」

直立不動で、まっすぐ前を見て、真剣に話を終えたTくんに、皆で拍手。

子供サッカーの送別会で泣きそうになった夜

その後、「みんなからもTに向けて、言葉をかけてやろうよ」というコーチのご指示で、キャプテンから順番に、一歩前に出て、気持ちを整理して、言葉を探して、それぞれに声をかけることになりました。

照れて笑いながら「ありがとうございました^^!」としか言えない子もいれば

「チームを辞めることを決める時、Tは絶対、すごく悩んだと思う。」と

気持ちに寄り添うような言葉が出てきた子もいました。

ですが皆、打合せなしのコーチの“無茶ぶり”に不満を言うこともなく、真剣に、自分なりの言葉を見つけて話そうとしていることが伝わってきます。

 

最後に、(ホントは一番、最初に指名されたけど)泣き崩れて、一言も言えなかったキャプテンのÝくんが、「俺も言わせてほしい」と前に出て

「・・・Tの変わりは世界中のどこにいっていない。Tの変わりはいない。だから、もしも新しいチームでうまくいかなかったら、ウチのチームに戻ってきてほしい。みんな待ってるから、戻ってきてほしい。」

ジーーーン。。。でした。

聞いてた子供たちも、「そう、それ!」(俺が言いたいのもそれ!)っていう表情になってました(^・^)

 

なんかエエもん、見せてもろーたなぁ~な感じですよね。酒飲んでたら、泣いてたかもしれません。

 

今、みんなは10歳です。

これから、いろんなところで、今日みたいな別れの場面を迎えることもあると思うけど、送る立場に立つときもあれば、反対に送られる立場に立つときもあると思うけど、もしかしたら、いろんなシガラミや葛藤や不安や、そんなこんなに直面する別れもあるかもしれないけど、、、

みんな頑張れよ~ そんなことを思った土曜の夜でした(^.^)


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です