POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

昨日行ったサロンさんでの話。売上アップに向けての取組が始まります(^^♪

「誰に読んでもらいたい記事なのか?」

どんな文章であれ、書くときはそうするように!と、昔、教わったことがあり、このブログでも意識するようにしています。

時には、明確に 〇〇サロンの〇〇さん っていう個人のお顔がバッチリ浮かんでいる場合もありまして、、、

えーーーっと、つまりは 今日がそういう日なんですけどね。。。(^.^)

 

昨日、久しぶりにお会いした〇〇さん。

閉店間際のお店に顔を出してみると、世間話を5秒くらいした後、すぐに

「今、こういう状況なんですよ」という近況報告&相談になりました。

・集客サイトに、結構な大金を払ってるけど、十分な集客があるし、そのリピートも得られているので、利用をを続けていこうと思っている。

・集客は問題ないけど、客単価は納得できない。

・スタイリスト一名、アシスタント一名という構成を考えると、今やるべきこと(できること)は、ネイルのお客様を増やすことだと思う。(アシスタントさんができるので)

・だけど、どうやればそれがうまくいくのか?試行錯誤しながら、いろいろやってるんですけどねぇ。。。

というような話を

バーーーっと

目を キラキラ ギラギラ させながら教えてくれる〇〇さん。

 

POSシステムの役割というのは

①オーナーさんに こんな状態になっていただくこと

②こんな状態になっているオーナーさんに「じゃあ、どうすれば良いのか?」を具体的に考えていただくこと

の2つがあるように思います。

今回の場合は、②のパターンですね。

 

9月に日程調整して、具体的に何するか?の作戦会議を持たせていただくことになりました。

 

①の場合も、②の場合も、結局は

(A)誰に対して (B)何を (C)どうするのか?

を具体的に決めることが重要だと思うんです。

 

今回の場合、(A)誰に対して&(B)何を は既に明確になっているわけですので

(C)どうするのか?の検討になりそうです。

言うまでもないことですが、この部分こそが、美容師さん(理容師さん・トリマーさん・ネイリストさん)の本来の仕事ですし、得意としている仕事であるはずです。

(ここに集中していただくための道具として、POSシステムはあるべきだと思います。)

いろいろなサロンさんで、この「(C)どうするのか?」を相談する中で整理してきた手法を、次回ミーティングではお伝えしてみようと思います。

お話したいと思っている内容は、まずは アナログベースの取組です。

昨日行ったサロンさんでの話。売上アップに向けての取組が始まります(^^♪

↑サロンのオーナーさんが書いた事例や

昨日行ったサロンさんでの話。売上アップに向けての取組が始まります(^^♪

↑私自身が書いたやつ。

話が長くなるので、具体的な紹介は 今日はやめておきます。。。(^.^)

 

「あー、あれね」と言って下さるサロンさんも多いと思いますが

今回のサロンさんで、一緒に取り組ませていただくことが、本当に楽しみです(^.^)


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です