POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

とつぜんですが、、、このブログについての決意表明です。

毎日、ブログを書いていると、「どんな記事を書けば皆さまから反応してもらえるのか?」がボンヤリとではありますが、それなりにわかってきました。あくまで私の主観ですけど。

 

案外、自分で思っている以上に、「他人さんはボクの考えを聞きたがっている」ということなんですけど、、、

って、これだけ書いて、止めると絶対、誤解されますね……(^-^;

 

“ボクの考え”に、絶対的な価値がある!っていうことじゃないんです。

っていうより、むしろ逆かも。

 

「別にお前のブログに、そんな絶対的な正解を求めてるわけじゃないよ」

っていう気持ちが大前提としてあって

そのうえで、「お前がどう思っているのか?をちゃんと書きなさい!」っていう感じかなと思うんですが、どうでしょう?

って、勝手に話を進めておいて、質問で終わられても困りますよね。(^-^;

 

つまりは、こういうことなんです。

マーケティング論であれ、集客の仕組みであれ、、、本を読んだりすれば、それなりのことは誰だって(パクって)書けるわけです。

ですが、そんな「世間一般の正論」を、わざわざボクがこのブログに書いたところで、「うわー勉強になった!」って思って頂ける方なんて、たぶんいても、100人中1人か2人だと思うんですよね。

残りの大部分の人は「はい。はい。はい。頑張ってブログ書いてエライねぇ」とか、もっとストレートに言えば「そんな、どこかで聞いたような話を、お前に語られても。。。」とか、そんな感想になってしまうと思うんです。

 

それよりも、今、自分が取り組んでいる課題について、

(誰にでも当てはまる正論じゃないかもしれないけど)

自分なりに、こう取り組んでいる。こう考えている。という話。

こういう切り口で文章を書いた時の方が、多くの方から、それも「ふだん、イイネ!してくれてないあの人が!」的な感じで(^.^)、反響をいただけているような気がするんです。

 

私自身、他人様のブログを読んでいて、すごく苦手なのは、例えば外交問題だったり、例えば雇用問題だったり、そういう「自分の手に負えないだろう話」について、〇〇すべき!とか、だからダメなんだ!とか、正論でもって糾弾しているようなタイプの内容だったりします。

 

あらためて、申し上げますが、、、

このブログのテーマは

POS=ポンと押して探す!

探していただきたいのは、お店(自分自身)の成長につながる行動を起こすための糸口

という話です。

ありがたいことに、このテーマに向けて、一緒に取り組みを始めてくださっているサロンさんの数は増えています。(現在の行動レベルが100点満点中、何点なのか?はまだまだ自覚→反省しなきゃ!な状態ですが。。。)

間違っててもいいから、自分自身の思う、現時点のベスト(!)を、しっかり考えて、発信することが、この取組の成果やスピードを上げていくことに繋がると思うんです。

その目的に向けて、発信を続けていきたいな!と思う次第です。

 

さっきの外交だったり雇用の問題の話ですが、逆に政治家さんとか、この問題を語るべき立場の人が、この問題をスルーして、美味しい料理の話とかイチロー選手の話ばっかり書いてると、それはそれでハラがたつんですよね。。。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です