POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

目的をもってデータを見る目的。それは何かと問われれば。。。

「目的をもって 分析しよう」の話の続きです。

一昨日、システム活用勉強会の時間を持たせていただいたサロンのスタッフさんから、昨日(つまり翌日!)、こんなシートが届きました。

目的をもってデータを見る目的。それは何かと問われれば。。。

内容が、わかりにくいかもしれないですね。

 

お店で「サロンマジック」のデータを見て分かった課題。

ひと言で言うと、、、

「力のあるスタッフさんが独立したことに起因する客数減少を解決すること」

問題点を指摘するだけならカンタンなこと。

ですが、オーナーさんにとっても、スタッフさんにとっても、、、

さらに言わせていただけるのであれば、私にとっても、、、

評論家目線で「問題点はココですね」なんて、悠長に言ってられる問題じゃないんです。

今すぐ、解決に向けての行動を始めなければ!という話です。

 

勉強会の前に、オーナーさんと相談して決めたことは、

「スタッフ全員が必死になるしかない!」ということでした。

 

言葉にしてしまうと、当たり前の(アホか!と言われるような)話になってしまいます。

 

ですが、ホントにそういうことだと思うんです。

 

システム活用の勉強会。と言いながら、スタッフさんを前に、私なりに一生懸命、そういうことを訴えました(^.^)

「客数を増やすために、今の自分に何ができるか?考えてみましょう!」

 

その翌日に、「取り組みたいことを自分なりに考えたんで見てください」と言って、上述写真のシートが送られてきたんです。

・新規集客のために、紹介での動員を狙いたい!

・紹介を増やすために、お客さんに聞くべきことは何か?

・お客さんとの話を弾ませるために、Facebook投稿に力を入れたい。

etc,etc,etc,,,

 

今回は集客についてですが、リピート率でも、客単価アップでも、物販強化でも、、、場合によってはスタッフ育成であっても、結局は、こうやって「今やるべきことは何か?」「今、できることは何か?」を細分化→具体化すること。

成果を出すためにはコレが必要なんだと思うんです。

 

さっき、カバンの中の資料ファイルを見ると、こんな資料がありました。

目的をもってデータを見る目的。それは何かと問われれば。。。

一見すると、アナログ作業に見える「細分化→具体化」の作業ですが、

この整理をする際に、POSシステムがすごく役立つんです。

さらに、この整理をした後、「この具体策に該当する人って誰かな」って探っていく際に、POSシステムは最高のパートナーになります。

 

ポンと押して探す!

個人的には、この意味を実感していただける最高の場面だと思っています(*^^)v

※こんな資料を作っていたこと。マジで忘れてました。。。(^-^; 明日から再活用します。

 

「目的をもって 分析しよう!」という取組。ひとりでも多くの理容師さん、美容師さん、トリマーさん、ネイリストさんに実感していただきたいと思います。

興味あるぞ!という方、どうぞ、私を呼びつけてくださいね(^^♪


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です