POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

風邪ひいた理由を知っても元気にはならん。

昨日のブログで書ききれなかった アドラー心理学の話を もう少しだけ、書かせてください。

ボクは今、自分自身の仕事のテーマ(目的とか役割とか言い換えてもOK)を

自身が関わることで相手(ボクの場合は、サロンマジックとトリミングマジックをお使いいただいているサロンの皆様ですね!)の行動を変えて、成果を上げていただくこと。

と考えています。

えーそうですよ。現実の達成レベルがどうか?とか、そーいう話は置いといて。

だけど、そーいうことを考えながら日々の仕事をしようとしています。

えーー、さて。昨日のブログでも書きましたが、「言ってることは分かるけど、実行しようと思うと、とんでもなく難しい」というのが、アドラー先生の理論です(^-^;

ですが、その中で「これなら気の持ちようで何とか始められんじゃね!」と、ボクが勝手に思っているテーマがあるんです。

それは、、、

「目的論」(原因論との違い) というやつ。

何かうまくいかないことがあった際に、人間はついつい「うまくいかない理由」を考えて、納得しようとしてしまいがちです。

営業成績でも、人間関係でも、試験勉強でも

いろんな課題に取り組む中で、成功に向けて頑張るはずが、ついつい「できない理由」を考えて、それがいつしか「俺がこうなのは〇〇だから仕方ない」と言い訳を作って納得してしまいがち。

という話。

「トラウマ」と言われることもある思想ですが、アドラーさんはこれを真向から否定します。

岸見先生の本の中であった話が分かりやすかった。

「風邪ひいたら病院に行くでしょ?そこで医者から、キミが風邪をひいたのは、昨日薄着で遊んだからだ!って言われて、治療が終わったら、、、納得いく?」

元気になるにはどうすればいいのか?という「目的論」に立って、モノを考えることを徹底すれば、「どうして風邪ひいたんだろう?」→「薄着したからだ」→「あきらめるしかないか」という駄目スパイラルには陥らないはず。

この医者のたとえ話なら、納得がいっても、実際の自分の仕事やプライベートの“あれやこれや”になると、カンタンじゃなかったりします。

だけど、これなら「こうするぞ!」と意識を持っておけば、かなり行動を改善できそうな気もしています。

頑張ってみようと思います。

えーっと、今、思ったんですが、こういう話を考えるようになったのも、ブログ連続投稿を始めたおかげであるように思います。始めてよかった&もっと早く、一年でも一か月でも早く始めてりゃよかった です(^^♪

あともう一つ思ったのが、今日みたいな 「いかにもブログですよ」な文章。ちょっとウザいですね。明日から直します(^-^;


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です