POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

業界紙を読んでの学び「お客様目線での情報発信」

「小さなサロンの集客」というタイトルに惹かれて、会社から持って帰った業界紙『美容の経営PLAN』

業界紙を読んでの学び「お客様目線での情報発信」

読んでみると、小規模サロンさんの集客の“キモ”は、結局のところ

「自店の強みをきちんと把握して、それをしっかりターゲットに向けて発信していくこと」

であるようです。

以下、“自分の本だったら傍線引いたのに!^^”の一部をご紹介します。

“ネット集客は専門知識や特殊な対策が必要で困難、というのは昔の話。今やネットの方が進化して、地上で話すのと同じ感覚で情報を発信し反応を得られるようになりました。”

“髪や仕事について情報発信していれば、それを支持し納得した人が来店されます。単に雰囲気や値段で集客するより、よほど定着率が高いはずです。”

このコラムを書かれていたのは、美容室ウェブ予約システム『リザービア』を展開される㈱クロスフィードの安東 秀喬さん。

以前に、ウチの会社で「ウェブ集客の重要性」について、講義していただいた社長さんでした(^^♪

業界紙を読んでの学び「お客様目線での情報発信」

安東さんコラムの資料も紹介させていただきます。

ホント、これです。実にわかりやすい!

今週も2件、ホームページ制作について提案させていただく予定があるのですが、ちゃっかり資料として活用させていただきます(^O^)/

 

もう一件、碓井 勝範(うすいっち)さんの記事も紹介させてください。

こちらも、ふむふむ、超納得♪

“「講習に行きました」ではなく「講習を生かし明日からこんなお悩みを解消できます」一方的な情報では、人の関心は引けません。”

ですって。。。

 

業界紙を読んでの学び「お客様目線での情報発信」

うすいっちさんは、僕が昨年9月にこのブログを始めることになった“最後のキッカケ”を下さった方なのですが、氏のフェイスブック投稿やブログを読ませていただいて、いつも感じているのは、「読む人目線で記事を書かないと勿体ないよ」ということ。

自分自身がブログを始めてみて、実感していることでもあります。

POSシステムを有効に活用していただくには、結局のところ、サロンの皆さまの“行動を変えていただくこと”が必須だと思うのですが、その“行動=アウトプット”の手段として、「ブログでの情報発信」は現時点の最強ツールの一つであるようです。

以上、昨日読んだ「小さなサロンの集客」からでした(^^♪

 


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です