POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

今夜のサロン訪問。あらためてデジタル<アナログというお話。

今夜のサロンさん訪問。

勉強会後のレッチリ☆セッションは、只々お二人の技術&経験に、圧倒&打ちのめされた思いでしたが、、、システム活用の勉強会自体は、自分としても納得のできる“こういうことがやりたいんだよな”な時間を持てたように思います。

今夜のサロン訪問。あらためてデジタル<アナログというお話。

キーワードは、デジタル<アナログ。

システム屋の私が、この言葉を使うコトに、正直、最初は不安があったのですが、最近は、自分としては躊躇なく使えるようになってきました。

サロンの皆さまにシステムを使っていただくための、、、

一つの大前提が、「目標を決めて取組を始めていただくこと」だと思うんです。

“卵が先か鶏が先か?”

つまり、「取組を開始するためにデータが必要になるんじゃないの?」という疑問を感じる方がいることも、当然だと思うのですが、

それでも、実際にいろいろなサロンさんを訪問して、データ活用・取組相談の動きをしている中で、私が思うのは、「まずは やりたいことを決めて、実際に始めてみること」にこそ正義がある!ので?はということだったりします。

今日、訪問したサロンさんは、まだオープンして間もないこともあり、一番の課題は「客数を増やすこと」

例の「Dのロジックツリー」の考え方に沿って、

新規集客の手段を相談すると、「紹介で増やしたい」ということに。

これをさらに細分化する相談をしました。

結果的には、「オーナーと話が会う“オシャレ男子”」「ウチの店に来ることでイメチェンできたアラフォー男性」、そして「店の一番の提案価値であるカラー施術で喜んでもらえる女性」

この3つの切口で「誰に/誰を/いかにして紹介していただくか?」という話になりました。

5月までに〇人、6月までに〇人。具体的に目標人数を決めて、、、

そのうえで、成功率を上げるために、「システムでどのように顧客リストを抽出するか?」「アナログベースで如何にして考えを整理するか?」という話し合いを持ちました。

5月末、6月末、どのような結果が出て、オーナーがどのような手ごたえを掴むのか!?が本当に楽しみです。

「行動を変えれば結果が変わる」

という当たり前のこと。毎日、いろんなお店で取組の相談をさせていただいている中で感じることですが、これをしっかりできるオーナーさん(場合によってはスタッフさん)を尊敬しています。

今日の投稿。内容が“非常に保守義務がありそうな”話になってしまう為、核心に踏み込めていません。(スミマセン)

サロンマジック、トリミングマジックをお使いのサロンの方で、「ウチの店だとどうなるんだろう?」と興味を持っていただける方は、ぜひ、ボクに連絡をいただきたいです。

携帯電話でも、フェイスブックでも、メールでも、ラインでも 手段は何でも構いません。必ず「今、自分が出来得るお手伝い」はさせていただきますので、どうぞ、ご一報ください(^O^)/


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です