POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

アドラー心理学的☆POSシステム活用法とは(^^)

「アドラー心理学」に基づくPOSシステム活用法とはなにか?

すみません、、、いつになく、かしこそ~~に書き初めてみました。

うちの会社の会長から「興味あるなら読むが良い」と教えてもらって、手にした アドラー心理学の本。

アドラー心理学的☆POSシステム活用法とは(^^)

 

会社のすぐ近くにあるミヤワキ書店で買った「アドラー心理学入門」という本。そう、なんでも基本が大事です。今、話題になっているようで、こんな“堅い本”が平積みになって売られていました。

読んでみた感想ですが、、、

結論から言うと。。。すごく良かった。です。

最近、僕が仕事をしながら、もっと限定すると、サロンさんに「POSシステムをどうやって使ってもらうのが良いのか?」を試行錯誤していることに、ものすごく当てはまる=勇気づけられる!そんな内容でした。

1870年にオーストリアで生まれた心理学者アドラーさんが言ってることのひとつに「目的論」という考え方があります。

「なにか問題が起きたら、その原因を探る」という立場を取る従来の心理学(有名な人で言うとフロイトとかユング)に対して、「それって意味なくね?それよか、その行動の目的をしっかり自覚することの方が役に立つし」と考えるのがアドラーさん。

今日、本を読みながら、ネットで情報を探って探した考察に、すごくわかりやすい話があったので紹介させていただきます。

こういう説明でした。

「女の子にもてない」と悩んでる青年がいるとして、、、

通常の心理学のスタンス(原因論)であれば、「イケメンじゃないから」という答えが導き出されます。

それに対してアドラー心理学(目的論)のスタンスは「フラれて傷つくのがイヤだから、告白しない。だからモテない」と考えます。つまり、「フラれて傷つくことを避ける」という本人の気持ち(目的)が、彼女ができないことの原因になっている。

という違い。

わかりやすくないですか?(^_^)

ここから先は、ホント手前みそな話になるのですが、、、

私がサロンさんと一緒に取り組んいる「POSシステム活用法」も、いつの間にか ごく自然に だんだんと。。。こういう方向の話が増えているように思います。

「うまくいかなかった理由を探すよりも、うまくいってるところを見つけて、その理由を考える方が、はるかに早いと思うんです。」

よくそういう言い方をさせてもらうコトが多いです。

「たとえばこういう話があります」ということを書きたいのですが、長くなってますので、いったん止めます。また明日、書かせてください!

see you tomorrow!(^O^)/


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です