POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

ふだんの仕事の集大成のような商談!(^_^)

久々に、真夜中、時計のてっぺんを超えての投稿になりました。

今日こそ、短く書きます(^O^)

今日(昨日)の夜、弊社POSシステムの提案を聞いていただいたオーナーさん。

ふだんの仕事の集大成のような商談!(^ ^)

開口一番、「今、使っているシステムがあるけど、ぜんぜん使いこなせてないので、丁寧に話を聞かせて欲しい!」と言って下さり、

私なりの「これが一番だと思いますよ」をツバをまき散らす勢いで、本気で案内させていただいた2時間。

「お客様の話を聞くのが8割、残り2割が商品説明」などと、よくマニュアル本に書かれている営業マンの鉄則からすると、マイナス200点くらいの仕事をしてしまいましたが

それでも、POSシステムの有効活用を求めて下さっているオーナーさんが、自分の店の発展の参考にしようとして、自分の提案を聞こうとしてくれているのかも!という誘惑に、どうしても勝てず

まっすぐ そのまんま 自分の考えを 熱く語ってしまいました。

①デジタル<アナログ が大前提!

②想い⇒行動⇒しくみ がMUST!

③そのためには 細分化と具体化 が必須!

④POSシステム=そのための道具。

⑤ポンと押して探す。探すのは「ヤル気のスイッチ」

①も②も③も④も⑤も、このブログで毎日、書かせていただいてきた(少なくとも自分ではお伝えしたいと考えてきた)ことばかりです。

今日は、商談中いろいろお話しながら

①②③④⑤に加えて

⑥僕がこんなことを言えている(言おうと思える)のは、システムを使ってくれるサロンさんが「技術と知識と気持ち」かつ「それを提案できるお客様(=ファン)を」を持たれているからだ!

という、ホント今更ながらの大原則を思いだしました。

長くなりそうなので、今日はココで止めます(^^♪


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です