POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

クリエイティブの時間を増やす♪

昨日のブログで書かせていただいた

【POSシステムの役割=クリエイティブのための時間を増やすこと】

ということについて、今日、営業で廻っている中で2人の方が「そうだよね」と「あれって、こういうこと?」という感想を言ってくださいました。

そこでお話したことを、昨日の補足として書かせてください。

といっても、単純な話です。

『サロンマジック』『トリミングマジック』で、普通に予約を入れて、そのままレジ打ちをすれば、毎日のレジ閉め後の集計作業や、毎月末の月報作成や、さらに言えば、メニュー別の出数のチェックも、スタッフ別の対前月・対前年の伸びの確認も、さらには、、、と必要なことを、ほとんどワンタッチで いつでもなんでも 特別な手間なく 把握できるようになります。

カルテだって、「来店時期ごとに整理したり」「来なくなった人を定期的に処分したり」。。。そういうことのために わざわざ時間を取らなくても、パソコンが自動で整理してくれるわけです。(逆に、「2年前に来てたけど最近来てない人」なんていう場合でも、ポン!と押してカンタンに・・・です。)

クリエイティブのための時間を増やす!というのは、システムのおかげで作りだせた“空き時間”を、お客様に対する提案・サービスを高めるための準備に使いましょう!ということです。

今日お話させてもらったオーナーさんとの話し合いでは、「別に、この空いた時間に、POSシステムを触らんでもええよな」という話になりました。

クリエイティブの時間を増やす♪

明日来るお客さんの紙カルテを取りだして、その人に提案したいことを考える。そういう時間をじっくり取れること自体に意味がある。

「これって、結構、クリエイティブな時間よな(^O^)」と笑うオーナー。

「だけど、こうやって紙カルテ見てたら、このお客さんの施術履歴、確認したくなりません?」と質問する僕。

そこで『サロンマジック』の来店履歴を、ポン!と押して調べるオーナー(^^♪

///////////////////////////////////////////////////////

↑今、思いつきました。強引に話題を変える必殺技=文章中に遮断線を入れる(^_^)

「POSシステムの活用」ということを、僕自身も、最初、間違えていたかもしれません。

定着率もカラー比率も客単価の増減も、、、どれも、もちろん重要なチェックポイントであり、それをカンタンに把握できることが、POSシステムの重要な役割であることに間違いはないのですが、、、

でも、

たとえば客単価を上げるために「明日来る〇〇さんに喜んでもらえる提案をしっかりしよう!」と決めて、そのための準備をできるような時間を作ること。そして、その準備をする中で、ピンポイントで欲しい情報をカンタンに探し出せること。

これだって、POSシステムのすごく便利な役立ポイントだと思うんです。

この価値をわかっていただける人を増やしたいな~と思う 2016年の春です(^^♪


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です