POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

デジタル<アナログという大前提!

昨日に続いて、サロンマジック・トリミングマジックをお使いいただいているサロンさんで、活用提案の一環として私がオススメしている

超アナログ手法 のお話です。

もともとは、いつもより激しい夫婦喧嘩の後に、ヨメさんから「この本を読んでみなさい!」と渡された本

デジタル<アナログという大前提!

3年ほど前に読んだ この本がキッカケだったんです。

マインドマップ ご存知ない方は、こちらをご覧ください。

wikipedia.org/wiki/マインドマップ

上述の夫婦喧嘩の経緯や結末を書き始めると長くなるので省略します(^^♪

ですが、キーワードイメージを中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを広げ、つなげていく。思考を整理し、発想を豊かにし、記憶力を高めるために、想像 (imagination) と連想 (association) を用いて思考を展開する。というこの手法。

私は、サロンの皆さんにPOSシステムを上手に活用していただくために、役立ててみよう!と考えたんです。

それから 気がつけばもう3年程になるのですが、

サロンの皆さんの反応や POSシステム活用との相性の良さに、私自身 手ごたえを感じられていることもあって、徐々にやり方を見直しながら、来る日も来る日も、取組み続けているワケです。

考えてみると、仕事の中で、ここまで“自己流”のアイデアを続けてきた経験は他にないような気がします。

最近も何人かの 美容師さん、理容師さん、トリマーさんが

FAXで、LINEで、FACEBOOKで 「こんなん出ました~」と言って、送ってきてくれました。あっ、ネイリストさんからも届きました^_^

デジタル<アナログという大前提!

皆さん、「アタマの中がすっきりした気がする」「何をすれば良いか見えてきた(※正確には今日お話した方は 見えかけた気がする!とおっしゃってました^^)」などの効果を口にしてくれています。

何をするか!何をしたいか?

コレさえ見えれば、POSシステムは、ものすごく使い道のある道具になるんです。

逆に、「何をするか?」を見つけるためにPOSシステムを使うべき場面もありますが、その際にも「何が問題なのか?」「何を改善したいのか?」という欲求がないと、ただデータを見て終わりということになりやすい。

乱暴な言い方になりますが、100%の正解でなくても「これがやりたい」を決めてから、システムに向かい合う方がはるかに成果につながりやすい!(と個人的には思っています)

それを見つけるための手段として、マインドマップやロジックツリーと言われるような手法を使って、自分の考えていることを細分化していくことには意味があるように思います。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です