POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

POSシステムで成果を出すコツ=行動!

「POSシステムを売上アップのために上手に使うコツ」は何ですか?

とりあえず、自分に尋ねてみます。

実を言うと、これについて、「自分なりの答え」というものが実はあります。

さて、なんでしょう???^_^

答えはコレです。「必ず実際の行動に繋げること」

すごく単純な答えになってしまうので、ふだん、あんまり表立ってクチにしていないのですが、真剣に考えると、、、考えれば考えるほど、、、結局は「実際の取組みを変えるかどうか?」ということに行きついてしまいます。

あっ、もうひとつ前段階の回答として、「取組を変える気になる(ヤル気が出る)ようなデータを抽出する」ということも言えるような気がします。

その方向での具体例の一つがこんな感じ。

POSシステムで成果を出すコツ=行動!

私が普段、システム活用の勉強会をさせていただいているサロンさんにとっては「あーいつものやつ」って感じだと思いますが、一応、説明させていただきますと。

サロンマジックやトリミングマジックでできる(やるべき)ことの一つに、「取組のターゲットを絞り込む」ということがあります。

写真資料のイメージは「去年の売上が高かった上位2割のお客さんの中の、さらに30歳以上の女性客に絞った中の、さらに“お店イチオシの”〇〇トリートメント未経験者を抽出したもの。(ペットサロンの場合っだと「炭酸泉を・・・」と言う話)

「実際に行動に繋げる」ということを実践するためには、トリートメント比率が〇〇%という段階で止めるのではなく、その先を掘って掘って、その先に進んで進んで、「トリートメントを薦めるべき最優先ターゲットは〇〇さんと△△さんと、、、」というふうに“目に見える形にすること”だと思うんです。

ちょっと分かりにく例え話かもしれませんが、「イチロー選手は打率を目標にすることはなくて、常にシーズン200本のヒットを打つ」ということを木曜に掲げていたという話を思い出しました。

1年間で200本打つためには4月には〇〇本が必要で、そのためにこの3連戦で・・・、そこで打つためにはこういう練習をして、こういう準備をして、、、

というふうに、打率ではなく、本数にして、“そのための準備”を具体化することを続けたきたのではないか!そんなふうに思う(というよりは以前になにかで読んだ気がします)

今日、訪問したサロンさんでこの写真の資料を見せた時に、「前に教えてもらってから、これについては続けて取組んでいるよ」と言っていただけたことが うれしくてうれしくて ついつい、こういう話を書いてしまいました。

今日、その話を伺った時、なぜか?(自分でも意味不明)「ふ~ん」って感じでスマシテしまったのですが、実を言うと、ものすごく嬉しかったんです(^O^)/

こういう取組みを続けていただければ、絶対に成果は出ます。そういうサロンさんを増やしていくことが、このブログで言っている「ポンと押して探す」のテーマだったりします。

POSシステムで成果を出すコツ=行動!

写真は、今、食ったばかりのデザート(というかワインのツマミ)

一昨日のブログに書いた、あの会社さんで「今日のおみやげ」と言っていただけた徳島銘菓。マジで旨い。ビックリしました。ひとりで5つも喰ってんの。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です