POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

携帯ショップにて。お客様の気持ちを考えてみました。

昨日の日曜日。ずっと使ってきたiPhone5sが突然、うんともすんともいわなくなりました。充電はできているのに電源入れても、起動しない。

auショップに行って「ウチじゃわからん」と言われ、、、

「アップル修理センター」に行って「auで買替えるしかねぇ」と言われ・・・

最初のauショップに戻ると、「今6人待ちだから別の店に行ってよ!」

別のauショップに行くと、「今、在庫がねぇ」

「系列店にあるんじゃねーの」とお伺いを立てると、「あるよ」

ようやくの思いで iPhone 6s を手にしました。

携帯ショップにて。お客様の気持ちを考えてみました。

何軒もお店を廻りましたが、、、正直、「働いている人、大変だろうなぁ」

なんていうんでしょうか?新しいモノを買いに行く場所なわけだから、みんなのワクワクが、もっと前面に出ても良さげなものですが、

「壊れてるのを何とかしろ。」

「よくわからんのを何とかしろ。」

「よくわからんけど何とかしろ。」

具体的な理由がハッキリしないところで、皆の不満がビシバシ膨らんでいて、そんな中で、次から次へのスピードを求められて対応している“働く人”を見ていると なんともやりきれないような そんな気分になりました。

スタッフさんたちは笑顔で(6人お話したうちの2人は結構ヒドイ応対でしたけど。。。^^ゞ)頑張ってくれていました。

auやappleに腹が立つけど、彼女たち彼らはよくやってくれている。

アップル修理センターのお兄さんには、「大変じゃね。今日、ありがとうな」と声をかけて帰った私でした。

「最初の携帯ショップで もっと解決できることを増やせるんじゃないの?」という憤りを感じながらも、「あのお兄さんが丁寧に説明しくれたし、感じも良かったし、まあいいか!」そんな気分にもなっていました。

ふと、これって普段、私がお付き合いしているサロンの皆さまも、こういうイラダチを感じていることがあるんだろうな~と気づく私。

もちろん、逆に担当者(私)がロクでもない対応しやがったけど、会社の窓口に電話したら、分かりやすく丁寧に説明してくれたから、まあいいや」というケースもありうると思います。

何が言いたいかというと、、、

お客様にストレスなく商品・サービスの価値を享受していただくためには、関わる全員が、しっかり“もっと良い方法はないか?”を考えて、それをやり切る努力を続けていかないとダメなんでしょうね。

そんなことを考えた日曜日でした。

私のiPhone メールの設定がうまくいってないので、この後、再挑戦してみます。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です