POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

POSシステムを武器として使いこなすために必要なコト

昨日の続きのような話です。

昨日は、CTI(電話が鳴った時に、その相手が誰だか?わかる!機能)を上手に活用してくださっている某県某市のサロンさんの話を書かせていただいたのですが、昨日の投稿で言いたかったことは

デジタルの機能を使いこなしていただくための最大のポイントは

アナログの取組みをしっかりできていることだと思います。

ということだったりします。

昨日のケースでいうと、「紙カルテに、もともと、お客さんのことをいろいろ書いとったんじゃけどなぁ」とオーナーが話してくれました。

「もともとお客さんのことを知りたいって気持ちがあるんだけど、、、このCTIがあったら、自分が忘れとったことがパッと出てくるから助かるんよ」

CTIという機能自体、ホントに画期的な素晴らしい機能であることには間違いないと思うのですが、実際に成果につなげていくには、それを使う人の“もともとの取組み”というものが絶対に必要になります。

これはCTIに限らず、「POSシステムという道具を使って成果を出していただくには」という点において、あらゆる場面で共通して言えることだとも思います。

もっと言うと、これってPOSシステムに限った話じゃないですし

さらに言えば、理容師さん、美容師さん、トリマーさんに限った話でもないはずです。

どんな便利な道具であっても、それを使う側の“もともとの取組み”というか姿勢というか意識と言うか、、、そういうことが備わっているかどうか?ということが、絶対的な差になってくるはずです。

エラそうにスミマセン。まあ半分は、自分自身に向けて言ってることなので、許してやってください。

アナログ(というか根本的な姿勢としての取組み)がしっかりできている方が、POSシステムというデジタルツールを“武器として”手にすると、圧倒的な成果が期待できる。

これが真実だと思います。

POSシステムを武器として使いこなすために必要なコト

すみません。。。とりあえず、流行りに乗っておきます^_^

アナログの取組みをしっかりしていただくことが、POSシステムを使って成果を出していただくために大切なコト。

私が、ブログの投稿を始めたきっかけの一つは、実を言うと、このことを痛感していたからだったりもします。

技術面(ハサミを持つ仕事)でも、商品知識(シャンプーやカラー剤)でも、サロンの皆さんと対等に話をできない自分でも「お客様に向けて自己発信していくために何をできるか?」という話くらいなら、同じ土俵に立って、頑張ってみることができる。

まずは自分のできること始めてみよう!そんなことを思ったんです。

ちょっと強引かもしれませんが、自分のお客様には、アナログ(自分のできることをやる;さっきとちょっと変わってますけど…)の取組をしっかりやることの重要性を理解していただいて、一緒に取り組んでいきたいなぁ~と思っています。

POSシステムを武器として使いこなすために必要なコト

今日は、年賀状を書いていました。これもアナログ作業。サロンの皆さまも頑張ってるから、オレもやらねば!そんな日曜日でした^_^


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です