POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

問屋さんがシステムを使いこなせるようになると!

昨日の続きです。

「商品を“川上”から“川下”に流すことを商流というけれど、“川下”じゃなくて“河口”と考えた方が良いのではないか!」

昨日はそんなことを書かせていただきました。

書いてしまうと、ごくごく当たり前のようにも見えますが、僕自身の中では、サロンさんにPOSシステムを販売する仕事をしていく中で、ずっとモヤモヤ、、、腑に落ちない思いでいたことについて答え(の入口)が見えたような気がして、実を言うと、結構大きな発見でした。

商品(POSシステム)を作る人がいて、それをお店で使ってもらうために手配する人がいて、お客様に喜んでいただけるようにお店で使う人がいて、、、という「商流」を、川のイメージでとらえた場合に、その流れの先にある海に、たくさんの いろいろな お客様がいて、お店は「その川と海を結ぶ接点=河口」なんじゃないだろうか!という感覚。

問屋さんがシステムを使いこなせるようになると!

これも、ごくごく当たり前の話になりますが、僕たちメーカーの人間は、お客様と直接に触れ合うことができません。となると、仕事で成果を挙げる(=エンドユーザーさんに喜んでいただく&その結果がお金になる)ためには、美容室・理容室・ペットサロンさんが、お客様と向き合う際に、商品(POSシステム)を使いこなしていただくことが必須の条件になります。

なんか、本気で書いているのですが、何時もに増して、堅苦しい文章になっちゃってますね。申し訳ないです。

昨日のブログで最後に言ったより河口に近い所にいるディーラーさんにPOSシステムという道具の使い道を覚えていただくことで、今よりもっと、サロンさんとその先にいるお客様の訳に立てる方法がある。という話をさせていただきますね。

先週、某ディーラーの営業マンさん(たち)と一緒にサロン訪問をさせていただきました。

「なんとかして、もっともっとお店の役に立ちたい!」という気持ちが伝わってくる、その人(たち)と話をしているうちに、「この人にサロンマジックの使い方を覚えてもらったらどうなるんだろう?」という考えが浮かんできたんです。

お店の売上データを一緒に観ていただくことについて了解を得る必要Gありますのでオーナーに確認を取ったところ、今まで培ってきた信頼関係のおかげでしょうね。

「ええよ。ええよ。ぜひ一緒にみてくださいよ」というお答え。

たとえば、「最近1年間の売上上位客100人の中で、お店オススメの〇〇シャンプーを買ってない人」が誰か?何人残っているのか?ということを、弊社『サロンマジック』が誇る条件検索機能「マジックサーチ」を使って一緒に調べてみました。

問屋さんがシステムを使いこなせるようになると!

「これが見えたら提案の仕方が変わってくると思う」と目をキラキラ、ギラギラさせて『サロンマジック』の操作方法に興味を持ってくれる様子を見ていると、なんで今まで、こういう取組みをしてこなかったんだろう?と悔しくなってくる思いでした。

しばらく、彼らとこの方向性でのサロンさんサポートの手段を考えてみようと思います。

もしオーナーさんやディーラーさんで、この取組みに興味がある方、いらっしゃったら、是非私に連絡してください。

POSシステムをサロンでしっかり活用していただくための責任は私にあると思っていますが、よりうまく成果を挙げていただくためには“河口”により近い所にいる人の知恵や知識を借りる方がはるかに有効です。

美容室・理容室・ペットサロンを問いません。一緒に成果を出していく取組みを始めて下さる方、絶賛募集中です(^O^)/


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です