POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

続OTの教え。サロンさんの取組みでいうと。。。

昨日のブログで書いた「OTの教え(奥田民生の法則)」をサロンさんの業務で活かすための考え方。を補足して説明させていただきます。

続OTの教え。サロンさんの取組みでいうと。。。

つまりは、、、細分化が重要!という話になるのですが。。。

民生さんが言うところの(言ってたはずの^^ゞ)「武道館のステージに立ちたい!というなら、まずは他人に聴かせられる曲をいっぱい作れ!」という話。

サロンさんの仕事(そのためのPOSシステム活用)に置き換えると、どうなるんでしょう???

細分化!して、できることを見つけよう!というコトになるんだと思うんです。

売上を伸ばす!というなら、客数を増やすのか?単価を伸ばすのか?来店サイクルを短くするのか?を決める。もちろん、どれか一つに絞らなければ絶対にダメ!というわけではありませんが、それでも「今月、何をすべきか?」を考えあぐねているような状況であるなら、“決め打ち”するほうが良いように思います。

「客数?単価?サイクル?どれから手をつけるのが正解なの?」ということについて、「これをやったら絶対に伸びる」というような簡単な解決策が決まっているような話ではないように思います。

でも、「何もしなかったら、状況は変わらない」ということは間違いありません。

であるなら、細分化して 細分化して 細分化して、できることを探す!まず始められることを探す。ということが重要なのではないでしょうか。

曲ができないなら歌詞を書け!歌詞ができないなら曲を書け!それができないならギターを練習しろ!(^v^)

もしお店の課題が「新規客を増やしたい!」ということである場合、その手段はチラシだったりホームページだったり紹介だったりするはずです。

ただ単に「新規を増やす」というよりは、たとえば「紹介で新規を増やす」と細分化して考えた方が具体的な策が浮かぶはずです。

最近の紹介の実績を拾って、どんな口コミで紹介につながっているのか?を探る。友人同士の場合、親子の場合、20代の場合、30代の場合、40代の場合、、、それぞれでお店が評価されている口コミの内容は違っているはずです。

30代の友人同士の場合で、新しく始めたトリートメントメニューの〇〇という効能が口コミにつながっているなら、そこをPRするポップやチラシを作って、該当するお客様にプッシュしていく。

状況改善のために必要な事が「なんらかの具体的な行動」であるなら、「これなら行けるかも!」という可能性を感じられるコトを具体的に考えることが有効なんじゃないでしょうか。

そして、できることを探すためのコツは細分化にあると思うんです。

武道館のステージに立つための手段をいきなり考えることはムリでも、その道筋を細分化して、まずはギターを練習しよう!メンバーを集めよう!ライブハウスのおっちゃんと仲良くなろう!

できることを探して、まずは行動を始める。

なんか、いつもに増して、暑苦しい内容になってスミマセン。。。

今日、はじめて訪問させていただいたサロン様でこういう話になったもので、、、ついつい語ってしまいました。

 


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です