POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

取組みを始めるためのキーワード。それは細分化。

理容室・美容室・ペットサロンの皆さまにとって、POSシステムの活用の目的って何だろうか?と考えることがあります。

最近は「売上目標を達成するためには、なにか行動を起こすことが必要。POSデータでヤル気を起こすための理由を見つけてほしい!」と思うコトが多いのですが

「ヤル気を起こすためのキーワード」は“細分化”と“具体化”だと思うんです。

たんに「売上を増やしたい」と考えるよりは、売上の構成要素である「客数を増やしたい」とか「単価を上げたい」とか、そう考えていく方が、実際の取組みにつながるはずですし、、、

さらに言えば、「客数」というのも、「新規客数」なのか?「リピート率」なのか?「来店サイクル」なのか?(おなじカルテ数であっても、年4回ペースと年3回ペースの違いが、売上100万円と75万円の差になるということです^^)を分けてみることが当然必要です。

さらに、たとえば「リピート率」一つとっても、新規客のリピート率と常連さんのリピート率では、“似て否なるもの”というか、全くもって意味合いの違うものになります。

だって、始めて会う新規のお客様と何度もサービスを受けていただいている常連さんとでは、「お客様との距離感」「お客様の期待値」「わかってあげられていること」その他もろもろが全然違ってくるわけですから、「リピート率」を高めるためにできること(やるべきこと)にも、大きな違いが出てくるわけです。

POSシステムを使えば、「ポンと押して探す!」クリックひとつで、新規客のリピート率だって、固定客のリピート率だって、さらに言えば、3か月目のリピート率も6か月目のリピート率も、自由自在♪調べたい項目を調べたいタイミングで、カンタンに明らかにすることができます。

気をつけなければならないのは、明らかになったデータを見ながら、オーナーさん自身が「今、ウチの店が取組むべきことは何か?」を決めなくちゃならないってこと。私達POSシステム屋がするべきことも、いちばん大切なのは、この意思決定のお手伝いだと思います。

前置きが長くなったので、明日、詳しくお伝えしたいのですが、今回ご紹介したいサロンさんのオーナーさんとは「とにかく新規客のリピート率を高めることに力を入れたい!」という話になりました。

8月に一緒に決めた取組みについて、さきほど電話で打ち合わせさせていただきました。

今年4月にオープンしたばかりのサロンさんです。

取組みを始めるためのキーワード。それは細分化。

現時点で結論が出ているわけではないのですが、リアルな電話ミーティングの内容を明日、紹介させていただきます。

取組みを始めるためのキーワード。それは細分化。

スミマセン、話に関係なく持ってきた イメージ画像。

コンビニ版の『バクマン』が9巻で終わりました。ビックリするくらい、おもしろかったです(^v^)


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です