POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

毎日ブログを続ける意味を小学校の先生に学んでいます。

今日は ちょっと普段とは違う種類の話をさせてください。

ブログを毎日続けるということについて、私がお手本にしている方がいるんです。

それは、ウチの息子(小4)の担任のY岡先生。

一度、土曜日に学校に行った際にお会いしたことがあるんですが、もう見るからに熱血漢♪もし映画化するとしたら赤井英和とか、そういうところに落ち着きそうなそんな雰囲気の先生です。

立ち話でお話しただけですが、好感を持ったのが「子供よりも教師の方がエライ」という当たり前のことを、きちんと生徒に伝えようとしている姿勢でした。具体的にいうと、たとえば生徒の呼び方です。いまどきの学校は教育委員会の指導なのか?男子であっても「オサカダさん」と“さん付け”で呼ぶルールになっているようなんです。

ですが、Y岡先生は、当たり前のように「オサカダくん」と呼んで、さらに「ダメなことはダメ」ときちんと厳しく指導してくださっている雰囲気がビシバシと伝わってくる そんな感じだったんです。(当たり前のことかもしれませんが、近頃はそうでもないような話もよく聞かされます。)

ウチの子が友達と話しているのを聞いたことがあるのですが、「4年で1番、ええんはY岡先生じゃろ。」と人気も上々。(その理由は「こえーけど言うとることが納得できる」んだそうです^^)

毎日ブログを続ける意味を小学校の先生に学んでいます。

さて前置きが長くなりました。

このY岡先生が、ある日を境に 毎日、写真のような「日刊Y岡的な」手紙を子供に持たせて下さるようになったんです。

写真のボリュームで 毎日 手書きで。。。

「保護者と一緒に、子供たちを育てていこう!」という先生の気持ちが伝わってきます。正直、毎日読めているわけじゃありませんが、、、それでも先生の想いは十分に伝わってきます。

今日、テーブルの上にあったのは こんな手紙でした。

毎日ブログを続ける意味を小学校の先生に学んでいます。

最近、実施した学力テストの紹介と、その時の子供たちの様子から先生が感じたこと。さらに2年後、6年生になるとどのようなテストになるのか!をわかりやすく説明された上で、「来週から個人面談があるから、よろしく!」とメッセージを書かれています。

先生が毎日、ご自分の考えている事を知らせて下さっているお陰で、「個人面談よろしく!」のメッセージが、ものすごく、すんなりと前向きに、伝わってきます。(と嫁さんも言ってます。)

たとえばブログで、自分の考えを、聞いていただきたい人に発信していくことの意味は、こういうことなんじゃないか!と思います。先生の手紙を読むたびに、僕もがんばろう!そんなふうに思います。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です