POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

CTIって何だかご存知ですか?

ブログを読んで下さっている皆様。POSという言葉の意味はご存知ですよね。そうです。POSとは“ポンと押して探す” サロンの売上アップに向けての取組みを 圧倒的&情熱的&享楽的に 遂行するための魔法のような言葉です。(よね?)

ではでは、、、CTI(シーティーアイ)って何のことだかご存知ですか?

ネットで探した用語解説から引用させていただくと。。。↓

CTIとはComputer Telephony Integrationの略語で、電話とコンピューターが統合されたシステムのことをいいます。 ビジネスでは、主に顧客に電話で応対するコールセンター業務に広く利用されています。顧客管理データベースと連携したシステムでは、登録済みの顧客に関する情報を参照しながら的確なサポートを提供することが可能です。

だそうです。

CTIって何だかご存知ですか?※写真はCTI機能を使う為に必要な機械。ちなみに上の緑文字の情報は、この機械を作っている日興電機製作所さんのホームページにありました。

普段の生活の中で(お客として)体感する場面としては、飲みに行く時に「タクシー呼ぼうか?」となった時に、名前を言う前に「オサカダさま、ありがとうございます。お迎えは会社でよろしいですか!?」とか言われたりするようなシーンが思い浮かびます。

他にも宅配ピザを頼む時とか、私のような出張の多い仕事をしていると出張先のホテルに電話した時とか、結構,体験することがありますよね。

弊社サロンマジック・トリミングマジックにも、このCTI機能があって、ご利用いただいているサロンさんから「すごく便利」と喜んでいただけていたりします。

この機能の何が喜ばれるか!?というと、ずばりそのまんま、電話に出る時点で「相手が誰かわかる」ということなのですが、いろいろなサロンさんで使っていただく中で、美容師さん、理容師さん、トリマーさんならではの「使用価値」があるなぁというコトに気づかされました。

私は、最初、この機能を「数か月来てないお客さんとかだと、ナンバーディスプレイで名前が見えても、誰だかわからないこともあるじゃないですか!そんな時、カルテと紐付けされてると便利ですよ」とPRしていました。

もちろん、それもCTI機能の大切な「使用価値」だと思うんですが、サロンの皆さんと話していると出てくる「常連のお客さんの名前が、パソコンの画面にポンと出ると嬉しくなる!という言葉にこそ、本当の価値があるのでは?と だんだん思うようになってきました。

「あっ〇〇さんだ!(ウレシイ)」と思いながら、自然に「この前、何してくれたんだっけ?」「あっそうだ。〇〇をオススメしたんだ!」と確認しながら、相手のことをわかっているヨロコビを感じながら楽しい気持ちでコミュニケーションができる。。。ということ。

相手のことをわかってあげられていることで、電話に出ることが楽しくなる!これ自体にすごく大きな価値があるように感じるんです。

でこれって、むしろ相手が常連さんの時の方が、お互いが感じられるヨロコビ(価値)が大きいような気がするんです。お客さんの立場で考えても、「お店の人が自分からの電話を喜んでくれている感」が伝わってくるのって、すごくウレシイことであるようにも思います。

これって、お客様との距離が近いサロンさんならではのCTI機能の価値であるように思うんです。

長くなってきたので、明日も「サロンにおけるCTI(シーティーアイ)の役割」の話を続けさせてください。

CTIって何だかご存知ですか?

 

 


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です