POS=ポン!と押して探すの略

エクシードシステム小坂田浩資(オサカダヒロシ)が(たぶん)毎日更新♪お店のファンを増やすためのサロン専用POSシステム活用方法を 考えるためのサイトです!

ポンと押して探す!その実践 前篇

今週、何人か(正確には3人)のサロンオーナーさんから「POSシステムって、ポンと押して 何かを探すって言う意味なんですよね」と言われました。(^v^)

ポンと押して探す!その実践 前篇

もちろん冗談だとは思うのですが、私の造語の意図をくんで下さって「ポンと押して探す!っていう意味は分かるような気がする」と言っていただけたりすると、なんだかすごく嬉しい気持ちになります。

という話を踏まえて、今日の本題です。

POSシステムを ポンと押して、、、何を探すのか?

その実践編として、今日、夕方お邪魔した理容室さんでのお話を題材にさせていただきます。

ほぼ初めてサロンマジックの指導をさせていただく“お店に入って3か月の”アシスタントKさん(男性)と一緒に、「何を探すのか?」を考えました。

Kさんの現状の課題は…「お客様に何を話しかければいいか?」がわからないということ。「先輩から、新聞を読んで知識を増やせ!って言われてるんですけど。。。」ともおっしゃっていました。

私がKさんに教えた機能はただ一点だけ。いろんな数字の見方の説明はスットバシました。(今の段階で、リピート率とかカラー比率の見方を覚えてもらっても、あまり活かす道はないですし)、

それは、サロンマジックが誇る条件設定⇒抽出機能『マジックサーチ』で“来店予定日1週間以内”のボタンを作り、それを ポンと押して、、、もうすぐ来そうなお客さんを知ってもらうこと。(☆A)

※マジックサーチとは。POSシステムの中に蓄積されている来店履歴・カルテ項目などのあらゆるデータ項目を自由に組み合わせて、「欲しい条件に該当するお客様」を抽出する機能。

☆Aの条件で挙がってきたお客様78名。「お話する内容をしっかり考えるには、人数多すぎません」という問いに「多いです。」とKさん。「ならもっと絞っちゃえ!」と絞込条件を追加することにしました。希望されたのは「年代」で絞るという方法。

サロンマジックならカンタンに条件を増やしていくことができます。

自分と同世代を選ぶかな。。。という予想に反して、Kさんが希望したのは「30歳~40歳の人にしてください」でした。(店の課題をよくわかってますね^^)

絞った結果、人数は24名になりました。「おーっ」Kさんの目つきがちょっと鋭くなります。獲物を見つけた猟師の目です。「合コンに来るメンバーが分かった時のカオになってますよ」という私の冗談にニヤリと笑うKさん。

取組み対象の方の顔触れが分かった瞬間、たいていのスタッフさん(オーナーさん)の目つきが変わります。釣り場を前にした釣り人。食い放題の焼肉屋でメニューを選ぶ食いしん坊。合コン開始5分前のKさん。エトセトラ、エトセトラ。。。

ポンと押して探す!その実践 前篇

相手がわかると人間はその気になります。

私見ですが、スタイリストさんはなおさらその傾向が強いようです。

こんなふうに、POSシステムがサロンの皆さんの「行動の欲を引き出す道具」になればいいなぁとも思います

絞り込んだリストを見ながら、Kさんに考えていただいたコトについて、明日紹介させてください。


コメント : 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です